cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

川端康成コレクション 伝統とモダニズム@東京ステーションギャラリー

こんにちは。仙です。

何か変な天気ですな( ̄▽ ̄)。でも美術館の中はいつも快適。よい趣味です。

今回は東京ステーションギャラリーで開催中の川端康成コレクション 伝統とモダニズム」に行ってきました。

f:id:impatiens101:20160423151651j:plain

f:id:impatiens101:20160423152014j:plain

んで、これとてもよかったです。

年間パスポートで行ったので期待値あまり高くなかったんだけど、とてもよかった(≧∇≦)

予想としては、

  1. 多分生原稿がある
  2. 太宰治からもらった「芥川賞くれよ」の手紙もある
  3. 三島由紀夫の手紙とかも多分ある

っていう感じで、結果として上の3つはどれもあった、大当たり(≧∇≦)。

だったんですが、メインはあくまでもそれではなく、川端さんのコレクション。

川端さん、とてもよいコレクションもってます。

そして行動がマメ。画廊とかにちょくちょく絵を見に行って気に入った絵があると

「これいただくよ(*・ω・)。家に配達してくれたまえ」

っていう感じで集めてるみたい。世に出る前の草間彌生の作品とかもあるよ。

「私にシュルレアリスムがわかるはずもない」みたいなことをおっしゃってたのをキャプションで見ましたが、御謙遜を( ̄▽ ̄)。

他にもいろいろある。

みたいな。国宝って、個人でもこんなにたくさん持てるんだねぇ( ̄▽ ̄)。戦後のどさくさも味方したみたいですが。川端さんの好みが色濃く出てて、とてもすてきです。

 

他は、初恋の相手関係の展示も多かったかな。ほっといたれよ(´・_・`)と思ったけど、ま、関係者全員鬼籍に入られてるので公にしてもいいのかな・・・。

川端さんも相手の女の子もなかなかの美形です。アイドルみたい。

川端さん、一高時代、ちょっと若いころの香取慎吾に似てるかな。

 

というわけで、よい展示だと思います。おすすめです。6月19日まで。

f:id:impatiens101:20160423151634j:plain

f:id:impatiens101:20160423151609j:plain

東京駅はすてきな建築だよね。

f:id:impatiens101:20160423151716j:plain

んじゃ、またね。