easy busy

基本は美術鑑賞ブログです。「とりあえず正直に」がモットーです。忙しくても気楽にいきましょう。

服飾の歴史とアイドルのメンカラについて(ファッション イン ジャパン 1945-2020ー流行と社会@国立新美術館&Dreams - to be continued - 髙田賢三回顧展@文化学園服飾博物館)

こんにちは。仙です。

 

お久しぶりです…まだ見ている方、いらっしゃるんですかね?

私はこのブログのログインパスワードを忘れてしまいました…。とりあえずブラウザが記録しているので何とかなってますが、今後まずいかも。

 

この間の展覧会ですが、ほとんど行っていません。一応自粛と言うことで…。

 

今回、オリンピックも近いし(はじまったら余計外に出れない)ちょっとだけ再開と言うことで、服飾関係の展覧会2つ行ってきました。

1つ目は、国立新美術館で開催中の「ファッション イン ジャパン 1945-2020-流行と社会」です。

f:id:impatiens101:20210620204751j:plain

これは、本当に日本国内だけのファッションの歩み(洋装のみ)ということで、私があんまり見たことない種類の展覧会でした。

ファッション好きだし、この類にはたいてい行くけど、だいたいヨーロッパとかの歴史にも触れてることが多いんだよね。そうじゃなければ和装も触れる、みたいな。

ということで、おもしろかったです。服が好きならオススメです。

日本の服飾は本当に独特な発展の仕方をしてるんだな~と思います。久しぶりだったのでテンション上がったし、いろいろ発見がありました。

【発見3つ】

  1. 最初期のピンクハウスが渋い。
  2. 原節子ってすごく美人だな。
  3. アイドルのメンカラは美空ひばりさん(三人娘)が起源

1は、この展示には、いろんなブランドの初期~一番輝いてた時期の服がいろいろ飾ってあるんだけど、個人的に一番インパクトがあったのがPINK HOUSEだったので。私の知ってるピンクハウスは、レースとリボンとかで赤とかピンクとかで、パブリックイメージもそうだと思います。

でも、ブランド最初期の展示はネイビーとかのモノトーンでニットとパンツとか、すっきりしたデザインでした。もちろん上下が柄on柄ですごくデコラティブなんだけど、それだけじゃない魅力あり。ぜひ見てほしい。

 

2は、資生堂の広告が展示してあって、その中の1946年の(たぶん)原節子さんのポスターがあったので。すごくきれいだなー、と。

 

3は、服飾の発展の中で、映画の衣装にも展示で触れてあって、森英恵の映画衣装とかすごくすてきだったんだけど、その中でたまたまアイドルのメンバーカラー(メンカラ)の起源について触れてあったので、個人的に発見でした。

アイドルのメンカラっていうのは、美空ひばりさんの映画の「三人娘」シリーズで、映画会社の柳生さんっていうひとが三人(雪村いづみ江利チエミ美空ひばり)のキャラクターを色で表現するっていうアイデアを使ったのが始まりなんだそうです。興味深い。勝手にジャニーズ起源だと思ってました。

それでひばりさんのメンカラをキャプションで探したらまさかの黄色。女王感が半端ないので勝手にだと思ってました。黄色かー。元気で愛嬌のある子のイメージだな。途中でキャラ変したのかな?

そしてそのアイデアが今までアイドル業界で継続しているんだね。ジャニーズもハロプロもそのほかもだいたいあるんじゃないかな。柳生さん有能すぎる。

 

ということでおもしろかったです。オススメです。

9月までやってるはず…だけど、感染状況で変わるかもなのでお早めに。一応予約制です。(私の行ったときは空いてたので当日売り場もあった)

 

フォトスポットのパネル。いろんなブランドの服があります。 

f:id:impatiens101:20210620205030j:plain

f:id:impatiens101:20210620204945j:image

f:id:impatiens101:20210620205001j:plain

 

次は文化学園服飾博物館で開催中の「Dreams - to be continued - 髙田賢三回顧展」です。

f:id:impatiens101:20210620204802j:image

f:id:impatiens101:20210620204814j:image

 f:id:impatiens101:20210620204902j:image

めっちゃ力入ってる。ここでこんなところ(学校のほうの敷地)にまで看板?出してるの見たことない。装苑賞の審査員だったから?関係が深いんだなー、と。

f:id:impatiens101:20210620204922j:image

装苑は昔購読してました。洋裁が趣味だった時期があったので…。そのころの記事はほとんどふつうのファッション誌ぐらいのゆるさだったのですが、装苑賞のページはガチだった印象です。こわい。

審査員の大御所デザイナーさんが選んだデザイン画を応募者が制作して、ショーみたいな審査会を経て決めるんですが、制作物が期待値以下の時にはものすごく悪し様に言われてた印象。歯がゆいのはわかるけど…今はやさしくなってるのかな?

 

回顧展は、この博物館の通常の展示の倍くらいの質量で、とても充実したものでした。

高田さんの服はまとめて見る機会がなかったのですが、やっぱりバブル期(80年代くらい)のポーランドルックとか、花柄とかよかったな。エキゾチックで生命力があって。ご本人も気力十分なころだったのでしょう。まったく畑違いの映画監督とかやってたし。そして当時の日本にはお金がありました。

 

 そして思った。こういう時代はもう来ないな、と。華やかで展示として見る分にはすごく面白いけど、これに憧れるとなかなかむずい…。賢三さんみたいにとても才能ある人は今後も出てくると思うけど、時代の後押しが弱いというか…今後の日本の服飾の発展については、服飾学生とか、若い方の奮闘を願いたいと思います。

とてもおすすめ。6月27日(日)までです。

 

それでは、今後も不定期で更新しますー。んじゃまた! 

今日のこの日を大切に~茶の湯の美 松平不昧 生誕270年@出光美術館

こんにちは。仙です。

このごろ毎日、コロナはますます増えてますよね…ゴールデンウィークもこの分じゃ出かけられそうにないですよね。いや、もとから連休に旅行に行くタイプじゃないけど。

  

さて、今回は帝劇のお隣にある出光美術館です。1年以上閉まってたよね。とりあえず再開してよかった。懐かしい。

f:id:impatiens101:20210418211942j:plain

  

実は展示内容をチェックしないまま予約したのですが、今回は茶の湯の美 松平不昧 生誕270年」ということで、主に茶道具の展示です。

f:id:impatiens101:20210418211936j:plain

良い茶道具がいろいろあってとても見ごたえがあります。戦国大名からしてそうだけど、一代でいろいろ築いた人は茶道具欲しがるよね。それで茶室つくってお茶会とかしたがるよね。たぶん茶道具には功成り名遂げた人の虚栄心をくすぐる魔力があると思います。いや、本当に真面目にそう思ってる。

 

いろいろあったけど、私は織部の緑釉の縞模様がかかった手付の水指が良かったかなと思います。後は、野点用の茶道具セットがすごく可愛かったな。板谷波山がたくさん見れたのもよかったです。あの真珠のようなツヤのある色味の陶器は素晴らしい。川喜多半泥子の茶碗もよかった。天の川ってやつ。本当に天の川でした。

 

出光コレクションの茶道具は、総じてすばらしいものが揃っています。こうやって公開してくれる機会があればいろいろ繰り合わせて足を運びたいと思います。

というわけで、おすすめです。会期は4月30日まで。ゴールデンウィークの直前までですね。賢い。 

f:id:impatiens101:20210418211957j:plain

徒歩5分。皇居のお濠から望む。

f:id:impatiens101:20210418211951j:plain

美術館の窓から見るのもいいよね

出光美術館は近くに写真を撮れる場所があんまりないので(隣の帝劇はジャニのひと(←権利が大変らしい)のポスターが写りこむ恐れがあってリスキー)、絵のきれいな皇居方面で意味なく写真を撮ってきました。

出光美術館は、こうやってロケーションが良すぎるのが逆に不安材料かなと思います。コロナ禍で閉館する前に色々ごたついてたのおぼえてるし、忘れません。将来的に門司の美術館は残すと思うんだよね。コレクションの主である佐三さんの出身地だし。ただ東京はどうかな・・・。

いまはコレクションの売立とかも完璧個別のクローズでやるのが主流だそうなので(ブルームバーグの記事で見た)、気がついたら見れなくなってたっていうのももしかしたらあるかなと思います。

 だから見れるのが当たり前だと思わず、その日その日を大事にしていきたいと思ってます。

 

とにかくお勧めです。ぜひ。

次回は延期になってたブライスが見れるそうです。楽しみですね。絶対行きます。

んじゃまた!

 

久しぶりだねSOMPO美術館(生誕150年記念モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて)

こんにちは。仙です。

この頃あったかいですね。今年はアレルギーひどいです。黄砂め…。

 

さて、今回は、新宿のSOMPO美術館で開催中の「生誕150周年モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」に行ってきました。

f:id:impatiens101:20210404110539j:plain

SOMPO美術館は、リニューアルしてから行くの初めてでした。

昔は、高層ビルの高層階にあったイメージですが、今は手前に普通の高さのビルができてそこに入ってます。

f:id:impatiens101:20210404110547j:plain

そして個人的な注意点としては、予約の時間までに並んどいたほうがいいみたいです。

今までの経験から予約した時間から次の開始時間までの間に行っとけばOKみたいな認識だったんですが、みんな時間までに来て並んでてました…。遅れちゃって恥ずかしかった。 何かごめん。

 

モンドリアンの作品、いろんなところにあるよね。DICとかアーティゾンとか・・・なんとなく見てはきたけど、まじまじと見るの初めてだったんですが、よかったです。全体的にかわいい。日本においてかわいいは正義です。

f:id:impatiens101:20210404110603j:plain

 

そしてこの人は神智学に傾倒してたみたいで自分としてはその辺が共感できる。神智学と言えば、シュタイナーやブラバッキー夫人ですよね…この人のメンターは他にいたみたいだけど。

その辺が影響してるのか、この人の作品から受ける印象は、ナビ派っぽいですね。色使いが。モーリス・ドニとかピエール・ボナールとかあの辺をほうふつとさせる…初期の具象的な肖像画の女の子とか見ていて思った。色遣いは不思議だけどかわいい感じが。目が大きい。ドニの子供の絵(西洋美術館にあるやつ)とかも超かわいいけどあんな感じ…。キュビズムの作品も抽象だけど色がやさしくてかわいい。すき。

  

後は昔の資料が面白かったな。みづゑの特集号とか、西武美術館の資料とか、かわいくて豪華でした。本気で豊かないい時代だったんだね・・・80年代かぁ。

 

と言うわけで、お勧めです。会期は6月6日まで。

 

そして多分ここ、ミュージアムカフェを作る予定があった気がします。それらしいスペースをみた。でもコロナとかいろいろで、オープンを取りやめてる感じです…。今も自販機が置いてあるって休めるのでそれはそれでいいんですが、いつかオープンするといいなと思います。冷やかしたい。

 

そしてここの美術館って、最後に所蔵作品のハイライトをまとめて見せるスタイルだったと記憶してますが、もちろんいまなお健在です。「ひまわり」ありました。

f:id:impatiens101:20210404110616j:plain

あとはグランマ・モーゼスとかもあったよ。東郷青児も。いつめん。

 

というわけで、体調崩しやすい季節なので気をつけましょうね。んじゃまた!