cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

名刀礼賛 黒川古文化研究所+泉屋博古館企画特別展 もののふ達の美学@泉屋博古館分館

こんにちは。仙です。
今回は六本木の泉屋博古館分館で開催中の「名刀礼賛 黒川古文化研究所泉屋博古館企画特別展 もののふ達の美学」ですヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20170604232733j:plain

f:id:impatiens101:20170604232803j:plain

今回は刀の写真を撮りたくてブロガー内覧会に行ってきました。なので今回の写真は美術館より特別に撮影の許可をいただいたものです。

夜の美術館は雰囲気あるね。

f:id:impatiens101:20170604232913j:plain

結論からいうと、刀と刀装具の(素人目にも)すごくいいのがたくさんあってよかったです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆。刀剣に興味あれば大変オススメです。行ったほうがいいよ。

 

今回の展示は副題からわかるように、ここの館蔵品とともに黒川古文化研究所のコレクションがメインになってます(・ω・)ノ。
黒川古文化研究所とは兵庫・西宮の苦楽園にある東洋の古文化研究所。

www.kurokawa-institute.or.jp

あくまで研究所で美術館ではないけど、年2回くらい展覧会をやってるそうです。・・・西宮・・・よさげなので行ってみたいけど関東人には遠いわ(´・ω・`)。兵庫は神戸にしか行ったことないんだよな。


この右上の写真のお2人が設立者の黒川幸七さんご夫妻。証券業で財をなした方だそうです。山種さんと同じだね。(特に)奥様が見るからに賢そうd( ̄  ̄)。顔つきとか着てる着物の感じとか。

f:id:impatiens101:20170604233408j:plain

で、研究所の研究員の方のお話も伺うことができたんですが、さすがに造詣が深くて面白かったです。6月17日と7月8日にゲスト・トークがあるみたいなんで可能なら聞きに行くと楽しいかも( ´ ▽ ` )ノ。

 

刀にはいろんな見所があります。

f:id:impatiens101:20170604234418j:plain

刀には実は自分が愛でる用とプレゼント用の2種類があったそうです。今でいうとどんなものだろう?金額的にお菓子じゃないし・・・(´・ω・`)。

f:id:impatiens101:20170605000206j:plain

んで、もらうのはいいけどお返しが大変。きちんと見合ったモノをお返ししないと後々まで言われる言われる( ̄▽ ̄;)。そんで本阿弥家とかの鑑定業が盛んになったそうです。

f:id:impatiens101:20170605000435j:plain

うわあ、大変そう(´・ω・`)。マウンティングの材料とかにもなりそうです。でもその分需要も多くなるから作刀の技術は発展するよね。


そしてこれがプレゼントの価値を担保するためにつけた鑑定書みたいなもの。留帳と折り紙。

f:id:impatiens101:20170605000537j:plain

ここから確かな価値のあるものを「折り紙付き」と言うようになりました。これ豆知識な。

f:id:impatiens101:20170605001132j:plain

あと一個知ってるとドヤれそうな豆知識ヽ(´▽`)/。名物と呼ばれるものは世の中にたくさんあるが、本当の意味での名物は本阿弥家発行の名物帖に載ってるものだけ。この展示には名物あります。伏見貞宗。国宝です。

 

そんでこっちは主に刀装具(・∀・)。

f:id:impatiens101:20170605001528j:plain

戦国時代とかは朱鞘とか黄鞘もいっぱい作られたけど、江戸になってそれらは禁止されたので、鐔とか目貫とか、金具を凝る方に進化のベクトルが向かいました。これは武士の持つ教養人としての側面を遺憾なく発揮してるので、実は能とか謡曲とか俳句とかに精通してないと本当の理解はできないらしい・・・。

f:id:impatiens101:20170605001850j:plain

最後には武士の描いた絵も展示されてます。私は渡辺崋山の絵がとても好きですヽ(´▽`)/。

f:id:impatiens101:20170605002731j:plain

ということで刀剣好きなら大変オススメです。イベントある日に行くともっと楽しいかも。8月4日まで、六本木の泉屋博古館分館です。いま刀剣モノって人気あるらしいので早め(できれば平日)に行っといた方がいいと思う。

 

んじゃまた!