cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

ティツィアーノとヴェネツィア派展@東京都美術館&このごろ見た映画

こんにちは。仙です。
東京都美術館で開催中のティツィアーノヴェネツィア派展」に行ってきました( ´ ▽ ` )ノ。

f:id:impatiens101:20170304172026j:plain今回はカメラを忘れた(´・_・`)・・・このごろ写真がよくなってきた(当社比)ところなのに・・・。やっぱり見比べると画質違うよな(´・_・`)。

上野公園の桜。  

f:id:impatiens101:20170304173353j:plain

そんで肝心の展覧会についてですが、あまり混雑してなくてゆっくり快適に見れました(^ω^)。

あれ?おかしいな?

  • 土曜日だったのに。
  • 日曜美術館とかで取り上げてたって聞いてたから絶対混雑してると思ったのに。
  • ひたすら美しい絵画が主だから日本人ウケしそうなのに。

個人的にはゆっくり見れてラッキーだったけど、せっかくよい展示なのでたくさんの人に見に行ってほしいな。4月2日までなので春休みにでもどうぞヽ(´▽`)/。

 

内容的にはひたすら美しい絵がたくさんある感じです。ティントレットヴェロネーゼとかのヴェベツィア派の絵もたくさんあります。タイトルのティツィアーノの作品は全部で7点(工房作品はうち2点)
ティツィアーノはやっぱり他のヴェネツィア派の作家から際立って見える気がする。肌と髪の質感の違いかな。
「フローラ」の陶器のような肌、「ダナエ」のちょっと上気してるのがうかがいしれる頬の感じ。この絵ね。

f:id:impatiens101:20170304171800j:plain

マグダラのマリアの胸にかかるちょっと透け感ある巻き毛とか。大変美しいです(╹◡╹)。


意外と女性モチーフでない作品もよい感じ。教皇パウルス3世の肖像」の髪とかのちょっとドライな感じとかは非常に繊細で印象的です(・ω・)ノ。

 

あと宝石の描写とかもすごい。「教皇パウルス3世の肖像」で、教皇が右手にはめてる指輪とか。多分サファイアだと思うけど、彼の自負と権力が忍ばれる輝きです( ´ ▽ ` )ノ。

ほかにも鳥瞰図とかいろんな絵があります。好きな方はオススメですし、ひたすらきれいなので癒されにいくのもよいかと思います。4月2日まで。

 

そしてこれは最近見た映画。ヴィスコンティ「家族の肖像」。ツイートはしてみたけどここにも書く。イタリアつながりで。


映画『家族の肖像 デジタル完全修復版』予告編

  • 岩波ホールで上映中。
  • 観客はほとんどご高齢の方。若者は見あたらない。
  • 遅い時間だったので入りも半分くらい?面白いのにもったいない。次いつかかるかわからないしたくさんの人に見てほしいな。

映画のテーマは老境にさしかかった人間の孤独ですかね(´・ω・)?でも、ヴィスコンティって若さが魅力的な作家ではないのでうら寂しい気分にはならない。本物の貴族出身だから?すべてがゴージャス。登場人物がすっごい毛皮とか着たりする・・・。そして食卓で煙草を吸う・・・時代を感じる。
主人公の教授が集めているのはアーサー・ディヴィスの描く家族の肖像。人間の孤独って味わい深い(´-ω-`)。

じゃ、また。次は週末です。