easy busy

基本は美術鑑賞ブログです。「とりあえず正直に」がモットーです。忙しくても気楽にいきましょう。

河鍋暁斎 その手に描けぬものなし@サントリー美術館&奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド@東京都美術館

こんにちは。仙です。
さて、今回は始まったばかりの展覧会が二つ。一つは六本木のサントリー美術館で開催中の河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」。一つは上野の東京都美術館で開催中の「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」です。 

f:id:impatiens101:20190211131948j:plain

f:id:impatiens101:20190211132118j:plain

いや、土曜日はね、本当は三鷹でやってるタータン展とついでに近くの ICU の博物館でやってる「型染と印判手」に行くつもりだったんですけどいかんせん雪だったので。結構降ってたので。美術館行ってて帰れなくなったっていうのも間抜けだなと思って・・・。そんで次善の策として、「雪が降ってるから、普段混雑してゆっくり見れない企画展が比較的空いてるはず。 行ってみよっか」という考えだったんですが、 ミッドタウンのサントリー美術館に関しては計算通りだったものの(でもそんなに言うほど空いてはなかったです)、近くの六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーの「新・北斎展」は、そんな浅はかな目論見を思い切り裏切る混雑の仕方でした。なのでそちらのルートは早々に諦めて上野の方に移動したわけです。北斎展はまた夜に来るからいいわ(・ω・)。


でも、その判断は間違ってなくて結果的に両方の企画展がとてもゆっくり見られる環境でした。そして結果的に閉館時間間際だったので(1時間半弱くらい前だけど)、むしろ独り占め状態で見ることができました。ラッキー!大勝利。思わず見ながらニヤニヤしてしまいました。 怪しい人。

 

結論から言って、どちらの企画展もとても良かったです。
河鍋暁斎の方は、 Bunkamura の企画展と比べて見やすかった気がする。多分作品のサイズの問題。結構大きい作品が出てます。河鍋暁斎って、近年とても人気が出てきたように思いますが、この展覧会を見てその理由が少しわかったような気がします。 暁斎の絵にはストーリーがある。 と思う。
狩野派の粉本もこの企画展には数多く出ているのですが、それと比べると暁斎の画題やアングルの切り取り方にとても特徴があるのが分かります。

  • 可憐な美女からちいさな悪鬼が飛び出してきたのを鍾馗様が退治してたりとか。 この女性はどんな悪行をしたんだろう?
  • 人の本来の姿が見えると言う地獄の鏡に映る姿が非常に若くて美しいのを驚愕の目で見つめている閻魔さまと鬼たち。 ていうことは、本来の姿は普通に考えると老婆なんだろうけど、優しくていい人なお婆さんはいくら何でもそこそこの数はいるはず。おっ!とは思うだろうけど。それがこんなに驚くってことは実は女装のおじいさんかなとか・・・生前にどんな善行を積んでいたのかとか・・・
  • そういう感じでいろんなことを想像できる・考えることのできる面白い絵が揃ってると思います。 

もちろん、絵画として単体で見てもとても美しいです。地獄太夫とかいろんな人が描いてますが、暁斎が描いたのが一番好きです。 立体を平面に写し取るバランスがいいんだと思う。彩色もとても美しいです。一見の価値あります。おすすめです。3月いっぱいサントリー美術館でやってます。展示替えも結構あるみたいなのでできれば私ももう一回行きたいと思います。

 

次は東京都美術館「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」です。
あんまり知識を入れないで見に行ったんですが、伊藤若冲曾我蕭白長沢芦雪岩佐又兵衛狩野山雪・鈴木其一・白隠慧鶴・歌川国芳というそうそうたるラインナップの画家たちの作品を「奇想」という角度で切り取った展覧会、ということらしいです。

 

結構テイストの違う作品が一堂に展示されてるなと見ていくうちに思ったので、「で、結局奇想って何ぞ?」ということで、途中で展覧会の「はじめに」を読みにもう一度振り出しに戻ったのですが、「奇想の系譜」っていうのは、 この企画展を監修されている辻惟雄さんの著書に詳しいらしいです。 

奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

 

 この本、なんとなく聞いたことあるようにする気もするけど、詳しくは知らなかったです 。なんかごめんなさいって感じ・・・。 後で読みます。機会があれば。

 

でも本当にテイストが違うのですよ。確かに奇抜な表現・常識を超えた描写ということは統一されてるのですが。
例えば若冲の「象と鯨図屏風」とかは、地上と海でそれぞれ一番大きな生物を描くことで、ある意味幻想的な風景を描いているのですが、なんかこれは人間が「見てみたいなぁ」と思う景色だな、と思います。 他にも花鳥画や達磨図、虎図等もあるのですが、その鮮やかで精密な色彩と相まって、まるで極楽の景色を切り取ったような美しさです。いい感じに次元が違う気がする。この世と続いている極楽っていうか、いつか行きたいねというか。お寺とかMIHO等の新宗教系の美術館とかが収蔵したがる気持ちがよくわかります。確か辻さんってMIHOの前館長だったよね。この展示にもMIHOの所蔵作品がたくさん貸し出されてます。


反対に曾我蕭白とかは 自分の中に現実の社会とはまったく違う世界があって、それを描いてる気がします。 理解を求めてない感じ。違うベクトルで宗教的な感じ。
岩佐又兵衛は、自分なりに自分の世界をひたすらリアルに描いてるけど、普通の人間はそういう世界に生きてないので結果的に奇想の系譜に連なってしまうというか。だって荒木村重の息子でしょ?なかなか理解するのは無理だって。今回も精密で残酷な絵巻物が展示されていましたが、これは多分全て子供の頃にリアルに見て、その強烈な記憶を吐き出してるんだと思うな。 実際に見た経験がないと、この描写にはたどり着かないと思う。
まあ、又兵衛に限らず江戸時代以前の画家の死体描写を見ると、この人多分近くの刑場に死刑を見に行って、死体をスケッチしてるだろうなあと思うことがとても多いですが。絞首された人間の首の曲がり方とか・・・。

 

全体的にとても面白い展覧会でした、ということで。グッズもいいよろしいのですが、閉館時間ギリギリまで見てたので、物色するまでには至りませんでした。 皆さんお時間に余裕を持ってお出かけください。これからどんどん混みそうな気がするので、正直天気悪い日はお勧めです。 雪の日はいいよ。下は夜の上野公園の雪。ちょっと積もってる。

f:id:impatiens101:20190211132950j:plain

比較的近くで絶対帰れる確信がある人に限るのですが。4月7日まで都美でやってるよ。

今週は寒いみたいですね。体調管理に気をつけて。んじゃまた!

 

キリム - アフガニスタンの普段使いの敷物@岩立フォークテキスタイルミュージアム&ベツレヘム聖誕教会モザイク壁画の発見―甦りし天使たち―@古代オリエント博物館

こんにちは。仙です。
今回は自由が丘の岩立フォークテキスタイルミュージアムと池袋の古代オリエント博物館に行ってきました。自由が丘と池袋って意外と近いよね。東急線で一本。30分かからない。

 

まずは岩立フォークテキスタイルミュージアム。今回の企画展は「キリム - アフガニスタンの普段使いの敷物」です。 

f:id:impatiens101:20190203082751j:plain

f:id:impatiens101:20190203082851j:plain

もちろんタイトル通りキリム(ギャッベとか絨毯みたいな感じの敷物)もたくさんありますが、アフガニスタンの各部族の衣装も結構ありました。
そんでまず全体的な印象を言うと、「重い・密度が濃い・マジカル」ですね。なんかね、どれもどこかしらに護符があしらわれているのですよ。呪術的。英語で言うとマジカル。そんで護符のモチーフを密度濃く刺繍したり編み込んだりしていくと、だんだん布が重くなっていくのです。魔除けにはミラーはマストだしね(悪いことを跳ね返す)。ちっちゃいミラーをいっぱい縫い付けてる。すごく重そう。

 

日本の着物とかとの共通点も結構あって面白いです。

  • 「このコートの背中の所についてるの、要するに背守りだよな」とか、
  • 裏地に派手な花柄の布が使ってあるのを見て「家にあった昔の半纏、こんな裏地だったよな」と思ったりとか。

ていうか、布製品の交易ってけっこう昔からあるよね。茶道で使う緋毛氈とかも確かこっちからの輸入品・・・。 昔はフェルトは日本にはなかったし。


どれもみんな素敵だったので、「こういう織物とか刺繍とか売ればいいのに(・∀・)」とか思いましたが 、工場で一律で作ったんじゃあんまり魅力がないのかもしれないですね。お母さんが祈りを込めて子供の上着とかに縫い付けるからこそ価値があると言うか・・・。

 

そして地図を見て思ったんですが、アフガニスタンって広いね
部族もいろんなのがあって、日本人にはとても理解するのが難しいです。でも、作品を見ていると、一中央アジアっぽいスタンダードなイメージがそのまま出ているのがパシュトゥーンかなと思います 。白いフェルトに綺麗な金糸で細かい刺繍が刺してあったり、カラフルな布がエキゾチックだったり。
そして一番イスラムっぽい無機質な感じの模様を多用してるのがヌーリスタン。でもこの人たちは生粋のイスラムではなく、19世紀ぐらいに強制的に改宗させられたののだそうです。そして言い伝えではアレキサンダー大王の遠征軍の末裔なんだそうです。平家の落人伝説みたいなもの? 元々は独特の文化を持った異教徒だったそうなんですが。今でも同じ部族でパキスタンに住んでる人たちはその信仰を維持していて、カフィリスタンと言われています。

 

後はウズベックのラカイ族も面白かったわ。この人たちも独特のシャーマニズム信仰を持っていて、刺繍のモチーフが渦巻きの太陽とかチューリップとか非常に秀逸なデザインですが、全部要するに護符。迫力あります。そういえばチューリップってこっちの方が原産なんですよね。原種は高温でも乾燥でも 耐えられる根性のある花みたいですよ。でも私はたぶん枯らす・・・。

さてそういうわけで、 結構おすすめです。 3月16日まで、自由が丘の岩立フォークテキスタイルミュージアムでやってます。

 

次は古代オリエント博物館

f:id:impatiens101:20190203152913j:plain

今年からコレクション展やってる期間の 写真撮影が OK になっています 。(撮影禁止のものもある)
クローズアップ展はベツレヘム・聖誕教会について。世界登録遺産が非常に速攻で承認されたあそこです。キリスト教イスラム教両者にとって重要な土地。なんか大変だよね。宗教が原因で争いが起こるのがよくわかります。

f:id:impatiens101:20190203153306j:plain

天使とかのモザイク画。修復チームには日本人もいるそうです。

f:id:impatiens101:20190203153542j:plain

f:id:impatiens101:20190203153416j:plain

疑り深いトマス。

f:id:impatiens101:20190203153802j:plain

修復作業を撮った写真や映像はいいのが多いですが、カメラマンさんはキャプションを見るとパゾリーニの「アポロンの地獄」に参加して影響を受けたのだそうです。パゾリーニ(・∀・)!彼は根性入った無神論だった気がするのですが、こういう影響を残したってことは誰より信仰に向き合ったのかもしれないですね。期待値高すぎで裏切られたみたいな感じ?

なかなか面白いクローズアップ展でしたが、確か今日までで会期は終了してます・・・次回にも期待っていうことで。あとはコレクション展です。

 

ハムラビ法典

f:id:impatiens101:20190203155333j:plain

 一粒の麦ってこんな感じ。

f:id:impatiens101:20190203155528j:plain

 護符かわいい。f:id:impatiens101:20190203160631j:plain

f:id:impatiens101:20190203155742j:plain

ハンコもいいよ。

f:id:impatiens101:20190203155858j:plain

ジャコメッティっぽい神像。

f:id:impatiens101:20190203160455j:plain

楽しいところです。サンシャイン近くに行くことがあったら是非。

 

んじゃまた!

 

摩利支天 上野徳大寺にて@亥年亥の日&華やぐ着物 大正・昭和の文様表現@文化学園服飾博物館

こんにちは。仙です。土曜日は暦で亥の日だったので、アメ横のところにある摩利支天(徳大寺) に行ってきました。
急な階段。

f:id:impatiens101:20190127103106j:plain

摩利支天というのは亥が眷属なので、暦が亥の日に行くといつもよりもご利益が多めなのだそうです。 というわけで人がいっぱいで混んでました。

f:id:impatiens101:20190127103223j:plain

本堂に入ったらちょうど参拝者の方のご祈祷が始まったので後ろの方で見学させてもらいます。 ここって日蓮宗のお寺だよね。とても長いご祈祷でなんかマジカルでした。密教っぽい。かっこいい。

f:id:impatiens101:20190127103510j:plain

お寺用の御朱印帳を購入しました(神社用と分けるように言われた)。今年は亥の日にはなるべく来るようにしたいと思います。

 

その後、 新宿へ行って文化学園服飾博物館へ。開催中の企画展は「華やぐ着物 大正・昭和の文様表現」です。華やかな着物姿の娘さんがいっぱい。 関東の着物好きさんが集っているようです。着物いいよね。

f:id:impatiens101:20190127103619j:plain

今回の展示は二階から始まっていて、2階の方がお高めの着物、 1階の方が銘仙のコーナーになっています。


やっぱり文化学園は服飾の研究を長くしているだけあって、キャプションから何からいろんなことが勉強になります。 例えば明治維新期における化学技術の研究・教育、および勧業のために作られた官営・公営機関舎密局(セイミキョク)」っていうのがあったんだって。これはオランダ語のchemie(科学の意味)に漢字を当てたのだそうです。ここが服飾関連の担当もしてたんだって。実績あるし、なんかかっこいいから今もこの役所あっていいのにな。

 

展示を見るとやっぱり綺麗な着物がたくさんありました。私は一番ひかれたのは、鮮やかなフューシャピンクの地に繊細な白の線で唐獅子牡丹が描かれている着物ですかね。ワイルドな柄の割りにとても上品で鮮やかでした。あとはあれ、昔の人は着物を日常的に着ていたので何気ない柄合わせがとても大胆で面白いです。大胆なストライプの着物に大きな花柄の羽織を羽織っていたりしてそれがとても様になっていったりします。
また、男性の着物は色柄が渋めですが、大学のロゴ(立教 :rikkio)が入っていたり、結構色柄に時事ネタを取り入れていたりして面白いです。 やっぱり着物好きな人は行って正解です。多分すごく勉強になります。 

f:id:impatiens101:20190127104730j:plain

そして、ここの博物館は服と一緒にその時代の風俗を紹介するいろんな雑誌を展示してくれていることが多くて面白いのですが、 今回は「婦人グラフ」というハイソな奥様をターゲットにした雑誌が色々置いてありました。実は結構この内容がやばくてガラスのケースの上から読み込んでしまいました。一言で言うと
「竹下夢二さん、ファッションチェックが手厳しすぎる( ̄▽ ̄)。」
画家の竹久夢二さんが他の人と座談会形式で道行く女性のファッションチェックをしてるんですが、なんか内容がすごいんですよ。怖いんですよ。昔、ピーコさんが昼のワイドショーでファッションチェックをしてたのを見たことがありますが、あれと本質的には全く同じです。手厳しい。
なんでだろうな?竹久夢二さんってすごく女好きのはずなんですが、この記事だけ読むと筋金入りの女嫌いに思えます。少なくとも「女性は皆素晴らしいよ(●´ω`●)」的な男性でないことは確かです。


あとは、いいとこの奥さんとその小さい息子さんを無断撮りして勝手にファッションチェックしてたりしてそれもやばい。すごくかわいいのにこき下ろしてる。昔からマスコミってやりたい放題だったんだなと思います。でも、今はいい世の中になりましたよね。肖像権すばらしい。


他にも読モの源流(英会話がお得意の〇山〇子嬢、的なキャッチのポートレートがあったりして、見てて面白いです。 もし足を運ばれることがあったらチェックしてみてください。

 

銘仙のコーナーもとても面白かったです。銘仙って、節の多い糸とか(たぶんB級の繭)を使っていて、 斬新なデザインで時流に乗ったけど、はじめは(大正初年くらいまで)非常に地味な縞とかで、デザインの重要性を考えさせられます。銘仙はお手頃価格というけど、初任給が70円くらいの時に10円ぐらいだったそうで、今で言うと3万円とか4万円くらいでそこそこのお値段かなと思うけど、確かに着物の割にお安い銘仙百貨店のバーゲンセールにお応えできる商品として発展したみたいです。松坂屋の広告とかもありました。面白いね。

 

ということで、面白い展示でした。2月16日まで新宿の文化学園服飾博物館にて開催しています。

寒いですが元気でお過ごしください。んじゃまた!