cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

岡本太郎記念館協力 いのちの交歓 残酷なロマンティシズム@國學院大學博物館&生誕150年記念 横山大観ー東京画壇の精鋭ー@山種美術館

こんにちは。仙です。

寒いよね(´・ω・`)、今年。あったかい日も夕方は寒いよ!

 

さて、今回は國學院大學博物館で開催中の岡本太郎記念館協力 いのちの交歓 残酷なロマンティシズム」山種美術館で開催中の「生誕150年記念 横山大観ー東京画壇の精鋭ー」ですヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20180205063223j:plain

 

f:id:impatiens101:20180205072340j:plain

ここはさ、やっぱり2館同時に行くよね(´・ω・)。だって移動を徒歩でできるから。

 

まずは國學院のほうから。この日はあてにしてた学食が休みだった。入試だから。残念。

f:id:impatiens101:20180218174626j:plain

本展では、日本神話を基底に、岡本太郎若手芸術家たちの作品に、地球が造りだした自然物と旧石器時代以降の様々な人工物をぶつけ合わせることで、ひき裂かれた森羅万象の生と死の結い直しを図り、人間中心主義を反転させる古くて新しい生命観の提示を試みます。(公式より)

岡本太郎さんって、昔友達が大阪の万博記念公園の近くに住んでて、遊びに行ったときにそこにある太陽の塔は結構見てたんですが、それがいまいち好みに合わなかった( ̄▽ ̄)ので、正直まったく興味なかったのですが、今回の展示は面白かったです。行ってよかったヽ(´▽`)/。

 

ちなみに写真可だったのであげます。前回の写真は我ながらひどかった(-_-;)。今回は大丈夫だと思います(・ω・)ノ。クレジットも博物館の指示通り付けたいと思います。何か間違いあったら教えてください。

 

これは岡本太郎さんの作品。イメージどおり。

坐ることを拒否する椅子@岡本太郎記念館

f:id:impatiens101:20180218180436j:plain

動物@岡本太郎記念館

f:id:impatiens101:20180218180504j:plain

下のほうが鉄滓、炉壁、沼鉄@流山市教育委員会、上の絵が雷人@岡本太郎記念館

f:id:impatiens101:20180218181228j:plain

岡本太郎さんって、普通に前衛の人だとばかり思ってたのですが、上の作品を見てもわかるように民俗学的なアプローチもしてた人なのですね。はじめてしった。

 

これはクレジットなしでOKのはず。木の神仏像。

f:id:impatiens101:20180205060248j:plain

うしろの写真はオシラサマをささげるイタコ@岡本太郎記念館

f:id:impatiens101:20180205060329j:plain

 ちょっとぼけちゃった。前のほうにあるのは蚕。おしらさまは養蚕の神様だよね。馬と結婚した少女の神様です。イタコさんは盲目の巫女様。おしらさまはおひなさまの原型っていう話も聞いたことある。

柳田國男の「遠野物語」に詳しいそうです。

あとは、岡本さんはフィールドワークもしてたのかな?昭和中ごろ?の東北の農村の暮らしを写した映像のスライドもあったよ(撮影禁止だった)。

昔の東北の子ども、等身低くてほっぺが真っ赤で超かわいい

 

これは現代作家さんの作品。

ものおくり 田中望@第一生命保険会社蔵

現代作家さんも神話等をモチーフにした興味深いものでした。

f:id:impatiens101:20180218193805j:plain

 

っつうことで、岡本さん自身や、神話や民俗学的なもの・土着的なオカルト(語弊あるかも・・・でも他に・・・察してくれるとうれしい(´・ω・))が好きな人にもけっこうおすすめです。もう会期あんまりないんで急げ!です。24日には学芸員さんによるイベントがあるみたい。

2月25日の日曜日まで、渋谷の國學院大學博物館にて開催中です。入場無料です。

 

続いては山種美術館生誕150年記念 横山大観ー東京画壇の精鋭ー」です。

 

ほとんど館蔵品なのですが、横山大観のよい作品がたくさんあってよかったです。自分はやっぱり富士山の絵が好きかな。

やっぱり山崎種二さん(美術館創立者の方)が横山大観先生の奥さんに気に入られてた(資産運用してあげて大成功した)のが勝因だったのかな。先生がお酒が好きだったので宝酒造の株を買ったらしいです。自分が好きな製品を出してて応援できる会社の株を買う。これがけっこう王道ですよね。このエピソードはこの本で読みました。 

そろばん (PanRolling Library)

そろばん (PanRolling Library)

 

まあ、でもお金を残すのに一番大事なのは節約らしい。刺さるよね(´・ω・`)・・・。

 

そしてひとつだけ撮影OKの作品がありました。

横山大観「作右衛門の家」山種美術館

f:id:impatiens101:20180210161923j:plain

 

というわけで、横山大観好きなら行ってみて損はないと思います(・∀・)。これも2月25日までです。

 

もうすぐ春ですね。んじゃ、また!

ルドンー秘密の花園@三菱一号館美術館

こんにちは。仙です。

今回は三菱一号館美術館で開催中の「ルドンー秘密の花園に行ってきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20180212140255j:plain

f:id:impatiens101:20180203104807j:plain

今回は実はブロガー内覧会に参加させていただいたので、掲載写真は主催者様の許可をいただいて掲載しています。新しいカメラで行こうと思ったけどそこまでの気力体力が戻ってない(´・_・`)ので、GRで撮ってます。あと諸注意でコピーガードをかけるように言われた(´・_・`)。自分の写真なんぞ誰もコピーしないとは思うけど、一応対応しています。そして解像度もかなり落としてます。

 

この展覧会は、ルドンが描いた花や植物に焦点をあてた世界で初めての展覧会なんだそうです。

このグラン・ブーケはここの所蔵です。比較的いつも見れますよねヽ(´▽`)/。とても美しいです。

 

この展覧会、とてもよかったですよ(・ω・)ノ。展示方法には人それぞれ、いろいろ意見とかもあるでしょうが、花や植物を見せられて気分を害するひとなんていないじゃん?んで、ルドンの晩年の色彩の美しさd( ̄  ̄)。これが揃ってる展覧会なので、ルドンにそんなにピンとこない人も一見する価値はあると思います。

f:id:impatiens101:20180203103411j:plain

とりあえず写真たくさん載せますね。

f:id:impatiens101:20180212140553j:plain

f:id:impatiens101:20180212140617j:plain

蛾もいる(-_-;)けどきれい。

f:id:impatiens101:20180203103132j:plain

ドムシー家の装飾となっていた16点の作品も来てます。

f:id:impatiens101:20180212140805j:plain

f:id:impatiens101:20180212140845j:plain

f:id:impatiens101:20180212140905j:plain

ここの複製の間はいつも撮影可のはず。

f:id:impatiens101:20180212140947j:plain

f:id:impatiens101:20180212141023j:plain

宗教っぽいモチーフの作品もたくさんある。相性いい。意外と人物の描き方もすき。

f:id:impatiens101:20180212141048j:plain

f:id:impatiens101:20180212141105j:plain

f:id:impatiens101:20180212141122j:plain

f:id:impatiens101:20180212141204j:plain

黒の時代もあるよ。個人的には色彩の時代とあんまり矛盾してないと思う。自分の内面というか無意識の世界だよね。

f:id:impatiens101:20180212141237j:plain

f:id:impatiens101:20180212141321j:plain

何かさ、「神曲」とかでも、天国や地獄がたくさん出てくるし(7つずつだっけ?)、ルドンの加齢と人生経験で主に行く場所が違ってきたみたいな。

f:id:impatiens101:20180212141340j:plain

クラヴォーはルドンに影響を与えた学者さん。初めて知りました。不遇の人だったそうですが・・・(´・_・`)。

f:id:impatiens101:20180212141427j:plain

ルドンはあんな作風ですが、積極的に各方面に営業をかけてたらしいです。いくつかは実をむすび、椅子や衝立になりました。

f:id:impatiens101:20180212141452j:plain

f:id:impatiens101:20180212141506j:plain

f:id:impatiens101:20180212141635j:plain

ということで、「ルドンー秘密の花園は5月20日まで、三菱一号館美術館で開催してます。

 

今回グッズもいいよ。ボタニカルだから。

リバティとか売れてる理由がわかる。キーリングと缶バッジ買ったった。(たぶん使い切れない)

f:id:impatiens101:20180212141718j:plain

f:id:impatiens101:20180212141729j:plain

f:id:impatiens101:20180212141741j:plain

f:id:impatiens101:20180212141812j:plain

 

んじゃ、また!

色絵 Japan CUTE!@出光美術館&ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯@パナソニック汐留ミュージアム

こんにちは。仙です。寒いですね〜。やっと雪溶けた。よかった。
さて、今回はまず出光美術館で開催中の「色絵 Japan CUTE!」ですヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20180203165108j:plain

このブログにはあまり出光美術館の展示を載せてないのですが、それは私がここに来ていない訳ではなく、ブログに出せるような写真が撮れないからです( ̄▽ ̄)。ここでぼんやり写真を撮ってると、時期によってはジャニファンのお嬢さんがどうしても写り混んじゃうのです。隣が帝国劇場だから。今も「SHOCK」のポスターが貼ってあったよ。

f:id:impatiens101:20180203165128j:plain

このブログはたいしてヒット数ないので気にしすぎだとは思うけど、セキュリティ大事じゃんd( ̄  ̄)?今日はあまり人がいなかったので撮れました。めでたしヽ(´▽`)/。

 

肝心の展示のほうは、ぜんぶかわいかったです。題名どおりとてもキュートな構成の展示でした。

日本の四季・春夏秋冬、それぞれの季節にあったカラフルな古九谷、鍋島、伊万里や屏風とかがたくさん展示されていてとても美しいですヽ(´▽`)/。やっぱ日本の彩色は透明感がある。

板谷波山とか尾形乾山とかも多く出てて、どれもカラフル&ポップでした。個人的にはいちばんかわいかったのはフライヤーにも出てた野々村仁清のうさぎの香合かな(╹◡╹)。
ということで、おすすめです。キュートなものが見たければぜひ。3月25日まで出光美術館で開催中です。

 

次はパナソニック汐留ミュージアムで開催中の「ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」ですヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20180203132805j:plain

実は私が行ったときは思いの他混んでたのですが、その日は直前にギャラリートークがあったらしいのでもしかしたらそのせいかもしれません(・ω・)ノ。

f:id:impatiens101:20180203144730j:plain

不勉強でよく知らなかったのですが、ヘレンドっていうのはハンガリーの名窯らしいです。こういうテーブルウェアの逸品を、みたいな類似の展覧会ってけっこうあるけど、どうしてもマイセンとかのメジャーな窯元に眼が行ってしまうのか、そこまで印象がなかったんですが、今回ゆっくり見ることができてよかったです。おもしろかったヽ(*´∀`)。

 

やっぱり避けられないジャポニズムの影響ってことで、日本の有田とかからインスパイアされてるものとか多いんですが、味というか雰囲気的にはちょっと違うなぁと思います。どこがかというと、

  • オリジナルから引用してる動物や人物。描写が甘くてゆるキャラみたいになるんだよね( ̄∀ ̄)。アジア人とか見たことなかったのかな(´・_・`)。でもゆるいところがかわいい。
  • 色使い。淡い色彩なのは日本の作品と共通してるけど、どこかで決定的に違う気がする。ミルキーなパステル!って感じ。

たぶん光の感受性って住んでる場所の気候によって変わるせいな気がします。それとヘレンドってジャポニズムよりシノワズリな感じがしました。何となく。


ってわけで、こっちも見とくと比較できて楽しい気がします。相互割引的なこともしてるみたいだし。3月21日までだそうです。

 

どちらの展示も両方キュート&ポップな感じだったのでなぜかな?と思ったら、バレンタインだからかもしれないですね。

ちなみに私のところにはバレンタイン中止のおしらせが届いてるので関係ないですが。というのは、チョコをまるきり食べたくないんですよ。マシュマロもキャンディもいりません。見ただけで痛くなる。歯が(´;ω;`)。こんな日が来るなんて、人生はわかりません。歯が全快したら、とも思ったのですが、多分全快しても甘いもの大好きには戻らない気がします・・・。加齢で嗜好が変わったのかもしれません。チョコよ今までありがとう、美味しくて楽しかったよ。さようならヽ(;▽;)。手持ちのお菓子ストックも人にあげようと思います。

 

何かしんみりしてしまいました。寒さが続きますが、身体に気をつけましょう、お互いに。

ではまた!