cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

世界を変える美しい本  インド・タラブックスの挑戦@板橋区立美術館

こんにちは。仙です。寒いっすねぇ(´・_・`)。

今回は板橋区立美術館で開催中の「世界を変える美しい本  インド・タラブックスの挑戦」に行ってきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20171217173751j:plain

板橋区立美術館、初めて行きました。何かよさげなテーマだったので見たくなりました。きれいな建物です。何か構造としては昔の公共建築、って感じですね。懐かしい感じの建物です。

f:id:impatiens101:20171217173823j:plain

これ、とても面白い展示でしたヽ(´▽`)/。

でもごめん・・・正直行って地理的に遠いよ( ̄▽ ̄;)。いちばん近い最寄駅が西高島平。そこから徒歩で15分かかる。だから、お近くの人には気兼ねなくおすすめできる。車があれば車で来たほうがいいかも。個人的にバスはあまり好きじゃないので。時間読めない(せっかちなんで・・・)。

 

夕暮れに見ると切なくなるフレーズ・・・永遠の穴場

f:id:impatiens101:20171217174606j:plain

 タラ・ブックスっていうのは南インド・チェンナイの出版社で、1994 年に設立され、ギータ・ウォルフとV・ギータという二人のインド人女性が中心となって活動しているそうです。お2人のインタビュー映像もありました。シルクスクリーンとかのハンドメイドの絵本が有名。今回は原画とか、絵本現物がたくさん展示されてます。撮影可だったので写真撮ってきました。 

f:id:impatiens101:20171217203047j:plain

日本のこどもは日本のおはなしが日本語で読めていいよね。世界ではそれはあたりまえのことではないのです。

f:id:impatiens101:20171217181846j:plain

この「夜の木」っていうタイトルの絵本がヒットして、ボローニャのブックフェアでラガッツィ賞っていうのを取ったそうです。

f:id:impatiens101:20171217182347j:plain

理想の子ども。これはちょっときつい。

f:id:impatiens101:20171217182942j:plain

インド映画っぽい!この絵の登場人物を指さして、ある親子連れの顔の濃いお父さんが小さい子に「これ誰?」と訊いていました。その子は全部に「パパ!」と答えてました。「なんで全部パパ?似てないでしょ( ̄▽ ̄;)」ってお父さんが言ってたのが受ける。

f:id:impatiens101:20171217184012j:plain

「運命の輪」っていうとタロットを思い出す。

f:id:impatiens101:20171217195750j:plain

何か大津絵の風味があるんだよねぇ。

f:id:impatiens101:20171217200412j:plain

いろんな本があります。

f:id:impatiens101:20171217202423j:plain

ギリシャ悲劇とか。

f:id:impatiens101:20171217202528j:plain

f:id:impatiens101:20171217181701j:plain

はらぺこライオン。これは日本語版あるみたい。

f:id:impatiens101:20171217202813j:plain

白黒の刷りもシャープでよかった。

f:id:impatiens101:20171217203131j:plain

インドの木綿染はレベル高い。この工程はとなりのモニタで見える。

f:id:impatiens101:20171217203404j:plain

これは版木。

f:id:impatiens101:20171217203508j:plain

「シータのラーマーヤナ」。これは作者の女性が物語を歌っている映像が流れてたのがとてもかっこよかった。

「昔、物語は歌だった」って。すごかった。「日本の放浪芸」の節談説教を連想しました。小沢昭一さんすごくすき。本もCDも。

f:id:impatiens101:20171217203631j:plain

これもとてもいいVTRが流れてた。「ブレア・ラビット」。あまりにもよかったので現品買おうと思ったけど、ショップで値段(5000円近く)見て日和ってしまった・・・何かごめん。考えさせて。

f:id:impatiens101:20171217204716j:plain

とりあえずさわりだけVimeoであった!

vimeo.com

他にもいろいろ。

f:id:impatiens101:20171217205149j:plain

無意識の恐怖を描く。

f:id:impatiens101:20171217205247j:plain

これが本になったやつ。

f:id:impatiens101:20171217205343j:plain

物販は充実してました。

グッズもみんなかわいかった!!ということでおすすめです。こういうの好きな人は行ってみてはどうでしょう?2018年1月8日までやってます。もう来年の話になります。

特に近くにお住まいの方はとくにおすすめ。その場合はとてもおすすめです。

 

それ以外の人は夕方を避けて行ってみたらどうでしょうか?

東武線の下赤塚までは30分くらいで、こちらを公式がお散歩コースとして推奨してるんですが、それなりにいろいろあるんですけど、夕方行くとそこはかとなく寂しいんですよね(・ω・)。区立植物園とか東京大仏とか4時過ぎると閉まってたし・・・。人通りはあるんですが、住宅街って感じで他所の人には用がない場所って感じがする。でも住みやすそうな街だとは思いました。特にファミリー層。幼稚園とか保育園とか学習塾とかたくさん見ました。そんな感じです。

f:id:impatiens101:20171217212452j:plain

風情のあるバッティングセンターがありました。

f:id:impatiens101:20171217212522j:plain

んじゃまたね!

特別展 鏨の華ー光村コレクションの刀装具ー@根津美術館

こんにちは。仙です。

今回は根津美術館で開催中の「特別展 鏨の華ー光村コレクションの刀装具ー@根津美術館に行ってきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20171210210805j:plain

鏨って知ってます?タガネと呼びます。金属や岩石を加工するための工具の一種です。今でも使われてる。amazonで売ってます。 思いっきりチープな奴だけど、こんなの。

モクバ印 タガネセット(袋入り)7本組 No.A-6

モクバ印 タガネセット(袋入り)7本組 No.A-6

 

 刀装具の作成にも使用されます(もっとぜんぜんいいやつね)。

 

んで、タイトルにあるとおりこの刀装具は光村コレクション光村利藻さんのコレクションです。光村利藻さんっていうのは光村印刷の創業者の方です。光村印刷って、関連会社の光村図書のほうが身近かな?って思います。国語の教科書がそこ発行だった覚えがある。

 

そんで光村さんは刀装具のコレクターで、その粋を集めた豪華な写真集を出版してます。そのタイトルが「鏨廼花(たがねのはな)」。今回の展示のタイトルにもなってます。その本自体も展示されてました。とても大きな判型で、今でも滅多にないような豪華本。今回の展示は光村利藻さんのコレクションのうち1200点を受け継いだ根津美術館所蔵の刀装具や刀剣が主となってます。

 

展示はとても面白かったです。後藤一乗の刀装具はとても精巧でした。あの細工はどうやってるのかな。海野勝珉の目貫とかもあったよ!あとは刀もあった。廣光脇差とか好みです。

会期も残り少ないせいか、なかなかの盛況でした。外国の方がたくさん。あと刀剣女子(完全に見た目で判断してます)。みんなじっくり見てました。

 

でも、一番個人的に興味深かったのは光村利藻さんの年譜を書いたキャプションかな。基本とても凄い人なのですよ。断絶の危機にあった装剣金工の技術継承に尽力したりとか、当時のキラ星のような日本画家さんたちのパトロンになったりとか。でも、とても毀誉褒貶の大きな人生なのです。

  • 海運業で巨万の富を築いた家に生まれる
  • お父様に溺愛されて育つ。古美術や写真に熱中。日本のアート系の写真家の草分け的存在だったらしい。
  • 光村印刷を設立

ここまではとてもよいのですが、30代に入るとだんだんと会社の経営が傾いてきて・・・破産も経験したり・・・ちょっと道楽が過ぎるんですよね( ̄▽ ̄;)。

何かオタクの陥りやすい人生の落とし穴が縮図として出てて辛い(´・ω・`)。教養もあるし、発想もなかなかシャープだしでいい線いってはいるんです。印刷会社も成功したし、絵はがきとかブロマイドとかも当ててる。今回も出品されてる国宝「孔雀明王」の複製がアメリカの博覧会で激賞されたり。

でもさー、とにかく趣味のことになると金に糸目をつけないんですよねd( ̄  ̄)。「どうせ金を出すなら最高のものを」って。その結果収支が合わなくなってきて、事業に支障をきたしてくるという非常に恐ろしいスパイラル。こわいよう。

私は自分の身の丈にあった趣味を楽しんでいるつもりなのですが、ついグレードの高いものを欲しがる傾向はあるので、あといろいろコンプリートしようとしたりとか、とにかく気をつけようと思いました(´・_・`)。

彼の事業が順風満帆だったとき、刀剣の鑑定会をしたそうです。その会場略図や案内状も展示されてましたが、その鑑定用紙に「當(あたり?)」とか「イヤ」とか書いてあって、みんなで当てっこしたんでしょうか?それを見てると、きっととても嬉しかったろうなと思い、そういう記憶があるならトータルで見ればとても幸せな人生だったんじゃないかと思います。実際晩年までバイタリティ溢れてたみたいだし。

 

庭の紅葉は終わりかけでちょっとさみしい。でも庭で自然に触れるのはリフレッシュになります。

f:id:impatiens101:20171210234140j:plain

f:id:impatiens101:20171210234231j:plain

池には鴨がいるよ。

f:id:impatiens101:20171210234308j:plain

紅葉は終わりかけ。落ち葉がたくさん。

f:id:impatiens101:20171210234405j:plain

f:id:impatiens101:20171210234515j:plain

ススキを見ると何か寂しくなります。

f:id:impatiens101:20171210234608j:plain

もう冬だね。

f:id:impatiens101:20171210234736j:plain

というわけで、こっち方面に興味のある人は是非お勧めなのです。

12月17日までなのであんまり会期が残ってません。急いでください。

 

ちなみに新しいカメラはまだ箱から出してない。年末年始のお休みでゆっくりさわって来年から本気出す(`・ω・´)。多分。でもレンズ沼には注意しようと心から思いました。

 

んじゃまた!

シャガール 三次元の世界@東京ステーションギャラリー

こんにちは。仙です。12月になったね。もう師走です。いつのまに( ̄▽ ̄;)・・・

 

今回はまた会期ギリギリシリーズで、東京ステーションギャラリーで開催中のシャガール 三次元の世界」ですヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20171127062117j:plain

f:id:impatiens101:20171203172032j:plain

かなり混んでた。でもこれは全面的に後回しにしてた私が悪いです(´・ω・`)。9月からやってたのにー!9月中に行っとけばきっとゆっくり見れたのに。

 

今回は表題にあるとおり三次元、ということで塑像や彫像、陶器の器などがとても多いです。シャガールのこの類の作品、あまり見たことなかったんですがよかったですヽ(´▽`)/。とてもよかったです。
彩色陶器が多いんですが、これって絵付け・彩色→焼くという手順の、この焼くという一手間があるのがいいみたいなのですd( ̄  ̄)。シャガールの描く絵画の、あのグワッシュの不透明な色彩の感じがうまいこと抜けて、あっさりした日本人好みの透明感が出てくるのです。すてきです。使いづらそうな器のフォルムもいいんだよ。機能はかわいさでカバーしてる。

 

絵もいろいろあったよヽ(・∀・)。
シャガールっていろんな絵を描いてるんだねぇ。意外と年代でがらっと作風変えてくるところが意外で面白かった。コラージュとかもやってたのかぁ。晩年にポップ寄りのぱっきりした色使いになった作品もおもしろい。ピンクがかわいい。
個人的にはエルサレムの病院のステンドグラスのための下絵が一番好きでした。色数をぐっと抑えてます。セピアっぽい色が基調になってます。

 

所謂日本人がとても大好きなタイプのきれいな色使いの花束や恋人たちの絵もたくさんありました。
それらの作品のキャプション見てると所蔵先によく出てくる企業の名前がありました。AOKIホールディングズ。紳士服のAOKI。もしかして美術館持ってたっけ?知らんけど。と思って調べてみると、社会貢献のひとつとしてシャガールのコレクションを企画展に貸し出ししてるらしいです。

www.aoki-hd.co.jp

アニヴェルセル・・・表参道のアニヴェルセルは知ってる・・・あそこAOKIでやってたのかぁ。

何かちょっと早合点しました。

でもAOKIさん、美術館つくってくれてもいいよ!

できたらすぐ見に行きます(`・ω・´)。立地はどこでもいいです。そこをメインに旅の計画を立てます。箱は有名建築家の設計でなくてもぜんぜんいいです。絶対ディスりません。誓います。カメラのドイの創業者の方が計画してたミュシャの美術館、実現してたら通ってたと思う・・・。

 

あとはやっぱり宗教性の高さかな。いろんな聖書の場面がそこかしこに現れてます。ヤコブの梯子の大理石でつくった彫像とかよかったです。ソロモン王とかパテシバとか。
シャガールユダヤだったんだよね。でも旧約はもちろん、キリストモチーフの作品もあります。何だかんだ言って人間にとって信仰は大事です。そう思うくらいには私も大人になりました・・・。 

独特の動物の像とかもあったんだけど、それもよかったな。宗教的。動物かわいい。鶏と魚が多め。鳥はメッセージをはこんでくるよね。魚は犠牲かな(・ω・)。

 

そして私は作家さんの自画像を見るのが好きなのですが、シャガールの描くポートレイトはイケメン系でした。レリーフと絵画が両方あった。とても自信あるタイプの自画像。好きです。でもその巻き毛に生まれてから髪に一度も櫛をとおしたことがないっていうのはフカシだよな( ̄▽ ̄)、とちょっと内心つっこみを入れながら見ました。奥さんモチーフもけっこうあるよね。エバさんとヴァヴァさん、お2人とも美人。

 

ということでトータルでおすすめなんですが、会期終わってしまいました・・・。これも記録ということで。
今回は巡回ないみたいですが、きっと同種の展覧会は今後開催されると思います。そのときにはぜひ。

 

私事ですがミラーレス買いました。これなんだけど。 Amazonで買ったわけじゃないけど。

 これからはガシガシ使おうと思います。

あとは自意識との戦い・・・あいついいカメラ持っちゃってうれしがってるわぁ(´・ω・)、みたいな・・・東京駅周辺だとチャイニーズの観光客の皆さんがすごいカメラ持ってるのでそれに紛れれば恥ずかしくありませんが。がんばります。

 

まだ下してないのでこれはいつものGRで撮ってます。日比谷公園

f:id:impatiens101:20171203175835j:plain

f:id:impatiens101:20171203180114j:plain

 

んじゃまた!