easy busy

基本は美術鑑賞ブログです。「とりあえず正直に」がモットーです。忙しくても気楽にいきましょう。

生命の樹と世界の布と服飾@岩立フォークテキスタイルミュージアムと文化学園服飾博物館

こんにちは。仙です。2週間ぶりです( ´ ▽ ` )ノ。梅雨ですなぁ。

 

さて、今回は布モノ関連の2展示です。

まずは自由が丘岩立フォークテキスタイルミュージアムで開催中の生命の樹をめぐる - カンタ、カラムカリ、アップリケ」です。

f:id:impatiens101:20190622142435j:plain

リンツカフェのすぐ前です

f:id:impatiens101:20190622142308j:plain

小さいけどきれいなところです

生命の樹っていうとオカルトマニアは「コクマー、ケセド、ネツァクは慈悲の柱でタロットでは~」みたいなことを言いたくなるかもしれませんがもちろんこの展示には関係ありません。

もっと素朴で根源的な感じ。誕生から成長、死、再生に至るのを司る、天と地につながる、人間を見守る、みたいな。

カンタ(刺子)、カムラカリ(木版更紗)はもともとインドのものなので、展示品にはインドのものが多いです。やっぱりさぁ、染めのカーストとかあるからねぇ。(カトリというそうです)何かバックが違う感じです。控えめに言って素晴らしいですd( ̄  ̄)。

でもあれだよね、市井の人のハンドメイドだから力量がけっこう出るよね。上手い人は針目が細かい。でもそんなことには関係なく人のために作ったものには優しいオーラがあります。

 

インドだけじゃなくてイランの布もあったよ。イスラームだと幾何学模様がメインだけど、拝火教の人々が糸杉に永遠の命を重ねてます。

f:id:impatiens101:20190622142424j:plain

この立地の持ちビルはすごいよね

ということでこの方面に興味がある人にはぜひおすすめ。7月13日の木・金・土曜にやってます。

 

次は文化学園服飾博物館で開催中の「世界の絣」

f:id:impatiens101:20190622163202j:plain

西新宿。前のノニカフェは休業中です

f:id:impatiens101:20190622163242j:plain

灰皿?ゴミ箱?の上に看板がある

これけっこうよかったです。テンション上がった。

絣は世界中にある。そんで技術が複雑。絣糸っていうのは前もって染め分けた糸。それを縦糸につかうと経絣(たてがすり)、横糸に使うと緯絣(よこがすり)、縦横につかると経緯絣(たてよこがすり)。

どの技法を使うかは地域による。日本は当然全部使い。

正直染め分けも難しいし、柄合わせがまた難しそう。でも技術の極限に挑戦。すっきりして端正で好きです。

銘仙とかも絣だよね。矢羽根とか麻の葉とか。一番好きだったのは福岡の久留米絣の布団地かな。昔のファミコンのドット絵みたいな図案で「三国一」「富士山」「日本」の字が大きく浮き出てます。かっこいい。この布団で寝たい。

戦前の布地の柄は戦意高揚っぽくもあるけどけっこう洒落もきいてて好き。お相撲さんの柄とか戦闘機柄とかもあるよ。

 

ヨーロッパのほうにも絣はあります。でもカラフルでデコラティブな感じで私のストライクじゃない。でも中にバレンシアガのドレスがあってそれがすごくマツコ・デラックスさんに似合いそうだったのでぐっと見てしまいました。特注になるだろうけどそれが不可能な財力ではないと思うのでぜひ着てほしい。

 

イスラーム圏はやっぱり宗教上幾何学模様が多いし色使いもすっきりして私は好き。

どれも一見の価値あってみてて楽しいよ。

f:id:impatiens101:20190622163216j:plain

雨は緑が深くなる

というわけでけっこうおすすめできます。新潟のマンガン絣(織じゃなく染めの絣なんだけどすごい精巧なもの)の端切れも売ってた。9月10日までやってます。

 

というわけで布に触れた週末でした。これに行ったおかげでファミリーセールに行かずに済んだ。ほんとのセールまで我慢しよう。

んじゃまた!

好きな人にはたまらないだろう美術館の展覧会に行ってきた(ニッポン制服百年史ー女学生服がポップカルチャーになった!@弥生美術館、奈良町―江戸時代の「観光都市」を巡る―@天理ギャラリー)

こんにちは。仙です。

今日とかは涼しくっていいですよね( ´ ▽ ` )ノ。

昨日はけっこう日差しがあって暑かったです。そんな中行ってきました、お好きな方にはたまらない展覧会。

まずは弥生美術館で開催中の「ニッポン制服百年史ー女学生服がポップカルチャーになった!」です。

f:id:impatiens101:20190608164825j:plain

上野方面に向かうと右手に東大が見えます。近くの風景。この辺は弥生町。弥生町にあるから弥生美術館(たぶん)。

f:id:impatiens101:20190608165155j:plain

 もともとは私設の美術館です。

f:id:impatiens101:20190608164846j:plain

肝心の展示内容ですが、古今の男子・女子制服がいろいろ展示してあってよかったです。

【心に残ったこと】

  • カンコー学生服は菅公学生服菅原道真にちなんでる)。いや、昔の看板が漢字だったのでこれは!と思って調べてみたらそうだったのよ。
  • 意外と若者が来てる。オタ混じりの若者(自分の持てる知識をツレに畳みかけてる)。でも自らを振り返ると私もJKのときすでに制服好きでした・・・。
  • 昔の学生服の広告は女性アイドルに学ラン着せてる。でもかわいいのですごい。さすがソロアイドル。
  • 個人的に一番よかったのは山脇学園の創設期の着物の制服かわいいかわいいかわいい。はいからさんの制服をもっとかわいくした感じ。ちいさな写真だけなんだけど。でも洋服にしたら制服の値段が4分の1になったらしいので洋服になってよかったよね。洋服も悪くはないです。

この展覧会は制服研究家・森伸之さんの監修です。図録みたいな感じの本。 

 制服好きだったり、関連の漫画家さんの作品やイラストも展示してあったんですが、見てて思った。江口寿史って絵が上手いんだなって。何かイラストが普遍的。昔の作品と今の作品とキャプション見ないと見わけがつかない。ほかの人の作品は何か時代を感じます。でももちろんそれが悪いわけじゃないです。青木光恵さんとかも好き。 

他には制服リカちゃんとかもあって面白かったよ。おすすめです。制服好きはぜひ。6月30日まで。

 

次の展示も面白そうです。着物警察に喧嘩売ってる心意気がよい。見に来たいです。

f:id:impatiens101:20190608164701j:plain

弥生美術館を見ると竹久夢二美術館も見れます。

f:id:impatiens101:20190608164649j:plain

東大弥生門の近くにあります。東大医学部の戦没者の碑。やっぱり南方が多いけど東京大空襲で亡くなられた方もたくさんいらっしゃいます・・・。

f:id:impatiens101:20190608164912j:plain

 

次は小川町の天理ギャラリー「奈良町―江戸時代の「観光都市」を巡る―」です。

f:id:impatiens101:20190608142749j:plain

もう会期終了なんですが、これも面白かったです。

 

奈良って昔から大観光都市だったんだな、っていうのがわかります。観光MAPとかもあったけど、意外と今と変わらない。完成度高い。

さらっと松尾芭蕉の「野ざらし紀行」の直筆本とかも出てるのはさすがでした。今回は結構人が来てましたよ。

 

いろんな美術館があって面白いよね。んじゃまた!

 

 

まだ記事にしてない展覧会いろいろ(ドービニー展、印象派への旅展、ウィーン・モダン展、ルート・ブリュック展)

こんにちは。仙です。今回はこの間、行ったんだけど記事を書いてないのを蔵出し回です。

 

まずは東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の「シャルル=フランソワ・ドービニー展 バルビゾン派から印象派への架け橋」です。

f:id:impatiens101:20190504161610j:plain

水の画家。

f:id:impatiens101:20190504161636j:plain

色使いはきれいだけど、意外とモノトーンのエッチングがよかったな。コローと親友らしくてコローの作品もありました。2人は隣同士のお墓に入ってるらしい・・・。

 

これは移転前ラス2の展示。

f:id:impatiens101:20190504161618j:plain

42階の景色はすごく好きでした。移転後はけっこう低くなるらしいのでその前にもう一回くらい来たい。

f:id:impatiens101:20190504161759j:plain

移転後もよろしく。

f:id:impatiens101:20190504161650j:plain

 

次はBunkamura ザ・ミュージアム印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」です。

f:id:impatiens101:20190504142933j:plain

タイトル通り、海運王だったバレルさんが収集したバレル・コレクションの展示です。グラスゴーの美術館が改修工事に入るのでまるっと貸してもらえたらしい。ドガ(ポスターの絵)とかゴッホとかあった。バレルさんの確固たる一貫した好みを感じるよい展示でした。写真可エリアもあり。6月30日まで。

f:id:impatiens101:20190504142544j:plain

f:id:impatiens101:20190504142604j:plain

 

次は六本木の国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」。この展示の主役はクリムトでもシーレでもなく、ウィーンだなと思った。けっこう複雑な成り立ちのところで興味深い。だから図録を買いました。重い。

f:id:impatiens101:20190525182135j:plain

撮影可の作品あり。クリムト。モデルになったパートナーには不評だったらしい。わからんでもない。

f:id:impatiens101:20190525172814j:plain

でもきれいだよね。あとクリムトは素描がよかった。素描のいい画家は信じられる。

あとはウィーン工房のカトラリーとかポスターとかもよかったよ。バウハウスとかにも通じそうな・・・

でもすごくヴォリューム多いので気力体力がすごく充実してるとき以外の他展示とのハシゴは推奨しないです。8月5日までやってるので時間のあるときに。

 

最後は東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展です。

f:id:impatiens101:20190601174747j:plain

この方は存じ上げなかったのですが、フィンランドのひとで、アラビアの専属デザイナーだったらしいです。ムーミンとかもやってたらしい。すごいね。

 

3階は写真可エリアでした。

f:id:impatiens101:20190601171515j:plain

f:id:impatiens101:20190601173146j:plain

f:id:impatiens101:20190601171534j:plain

f:id:impatiens101:20190601173026j:plain

色使いすごくきれいだよね。日本人の心を鷲掴みしてると思う。

私はタイトルにある蝶モチーフの作品が好きだったな。最後のほうのモノトーンの抽象作品もよかった。真っ白なやつとか。白夜かな?氷かな?


すべての展示を見て感じるのは「幸せな子供時代」かな。キャプション読むと、妹さんが幼くして亡くなったりしてご苦労されたのはわかるけど、それでもなお、子供の時は幸せだったんじゃないかな。幼い時代の幸せって何事にも代えがたいラッキーだと思うわ。バフェットも著書でそう言ってた。

 

宗教的な作品も多いよ。黄金のイコンとかもよかったです。

f:id:impatiens101:20190601172944j:plain

f:id:impatiens101:20190601173105j:plain

会期は6月16日までだそうです。

 

どれもよい展覧会でした。機会があればぜひ。んじゃまた!