cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

華麗なるササン王朝ー正倉院宝物の源流ー@天理ギャラリー

こんにちは。仙です。
今回は神田の天理ギャラリーで開催中の「華麗なるササン王朝ー正倉院宝物の源流ー」ですヾ(๑╹◡╹)ノ"。ちょっと写真がななめった(-_-;)

f:id:impatiens101:20170925063529j:plain

天理ギャラリーの展示はけっこう行ってますが、所蔵品がすばらしいものが多くていつも感心しています。「ここはいいもの持ってるなぁ( ̄▽ ̄)」的な。ていうか、奈良の天理参考館の所蔵か・・・多分すごく研究熱心な人が代々のコレクション担当なんだと思うd( ̄  ̄)。

 

今回の展示もとてもよかったです。毎年秋に奈良博で正倉院展やってますよね?今年ももちろんやるの。

www.narahaku.go.jp

正倉院の宝物の源流はササン朝系文化にたどりつくことが多いです。ササン朝といえばペルシア。今のイラン。当時の大先進国。日本や中国なんてメじゃないくらい。で、今回は天理参考館が所蔵するササン朝の遺宝を通じてその文化を紹介する展示です。

 

ちなみに係りのひとに尋ねたら撮影OKだったので写真載せてます。WEB掲載も許可していただきました。「変なのじゃなかったらいいですよーヽ(・∀・)」っていうことだったので。変じゃないよね?

 

ごあいさつ。

f:id:impatiens101:20170925062605j:plain

銀貨たくさん。とても純度が高く、しかもそれが時代が下っても下がることがなかったそうです。高信用度な硬貨。1ドラクマ=4g。

f:id:impatiens101:20170925062706j:plain

ガラスも中国だと偉い人しか持てなかったのがペルシアではお金を出せば買える的な位置づけだったみたい。ここらへんの保存状態はそこそこ。

f:id:impatiens101:20170925062537j:plain

でもガラスは土に埋もれると石化するから今見るとあんまり透明じゃないのも・・・

f:id:impatiens101:20170925062500j:plain

これはきれいだけど・・・使い道がわからん・・・

f:id:impatiens101:20170925062449j:plain

正倉院の白瑠璃椀はやっぱりすごいな。タイムマシンに乗ってきたような・・・(パネル展示)

f:id:impatiens101:20170925062515j:plain

振り向きざまに弓を射るポーズはパルティアン・ショット。

f:id:impatiens101:20170925062927j:plain

f:id:impatiens101:20170925062950j:plain

ササン朝では女性が男装して狩りをするのが流行ったそうです。何か萌え(*´ω`*)。ちなみに天理ギャラリーは男装カフェも(たしか)ある秋葉原まで徒歩圏内です・・・。

 

真っ赤なルビー。金の純度も高そう。

f:id:impatiens101:20170925062816j:plain

剣と刀装具もよいです。日本刀とはぜんぜん違うけど・・・

f:id:impatiens101:20170925062415j:plain

f:id:impatiens101:20170925062918j:plain

f:id:impatiens101:20170925063009j:plain

これは銀装の鉄兜。ササン朝の冑は日本にはこれ1つだそうです・・・。

f:id:impatiens101:20170925063001j:plain

ゾロアスター教では鳥は神聖な生き物です。

f:id:impatiens101:20170925062940j:plain

文書を封印する印章。貴石でつくってあるのが多いね。

f:id:impatiens101:20170925062740j:plain

ということでオススメです。


ここの所蔵品、東京の同種の展覧会に貸出されてるのをあまり見ないのでこの機会に見といてもいいんじゃないでしょうか?11月25日までです。

 

これ行きたい。行こうかな?行けるとしたら第三期。

f:id:impatiens101:20170925063541j:plain

誤解をまねくといけないので念のため書きますが、私は天理教信者ではないです。でもこんなエクスキューズ入れるのも変な話だよね・・・ごめんなさい(´・ω・`)。

 

んじゃ、また。

企画展「モノの力・ヒトの力―縄文から現代まで 人と工芸の間にやどるチカラ―」@國學院大學博物館&上村松園ー美人画の精華ー@山種美術館

こんにちは。仙です。

この間買った新しいスマホ(p10 lite)が調子よくて非常に気分がいいです( ´ ▽ ` )ノ。次のPCはMate Bookにしようかなと思うくらい気に入ってます( ̄▽ ̄)。

 

さて、今回は國學院大學博物館で開催中の企画展「モノの力・ヒトの力―縄文から現代まで 人と工芸の間にやどるチカラ―」山種美術館上村松園美人画の精華ー」に行ってきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20171007132922j:plain

f:id:impatiens101:20171007153458j:plain

この2か所は徒歩で行けるんでやっぱりいっしょに行きます。近くには氷川神社とかもある。行けたらそこも行ってお参りすることにしてます。

 

まずは國學院大學博物館の「モノの力・ヒトの力―縄文から現代まで 人と工芸の間にやどるチカラ―」です。今回は会期終了間際だったので取り急ぎ焦って記事を書いてます(-_-;)。

そして今回は写真可だったのでたくさん載せたいと思います。

 

今回は縄文から現代までの日本人が作ってきたモノとそれがもつ力についての展示です。

f:id:impatiens101:20171007131915j:plain

縄文の石斧や尖頭器。

f:id:impatiens101:20171007131237j:plain

碧玉(ジャスパー)でできた勾玉とその原石。でかい。昔からみんなパワストは好きだったんだねぇ。

f:id:impatiens101:20171007132356j:plain

縄文式土器

f:id:impatiens101:20171007132415j:plain

銅鏡。

f:id:impatiens101:20171007131307j:plain

かわいい。目がもっと黒目になるように撮ればよかった。

f:id:impatiens101:20171007131332j:plain

クリス柄。はじめて見た・・・

f:id:impatiens101:20171007131209j:plain

ここらへんは時代が下って安土桃山~江戸くらい。刀の鍔。

f:id:impatiens101:20171007131132j:plain

墨壺や自在鉤。大工道具。

f:id:impatiens101:20171007131007j:plain

香炉かわいい。

f:id:impatiens101:20171007131412j:plain

茶碗。

f:id:impatiens101:20171007130932j:plain

これすてき。渋いぜ。江戸小紋

f:id:impatiens101:20171007131441j:plain

これはもっと時代が下って大正時代。すてきな重箱。

f:id:impatiens101:20171007130916j:plain

ケンディーっていうんだって。これも初見。

f:id:impatiens101:20171007131425j:plain

柿右衛門の陶板。

f:id:impatiens101:20171007131351j:plain

こっから昭和。

f:id:impatiens101:20171007130848j:plain

現代作家と土器のコラボ。

f:id:impatiens101:20171007130740j:plain

現代の茶道具。

f:id:impatiens101:20171007131049j:plain

ということでけっこうオススメ。ですが、あと2日しか会期がない。3連休ヒマな方いたらぜひどうぞ~。

同時に転びキリシタンについてとストーンヘンジについての展示もありました。特に後者は趣味性強くて面白い。

 

でも、私が本当に楽しみにしてるのは次の企画展「神道の形成と古代祭祀」とそのまた次の企画展「國學院大學図書館所蔵 吉田家旧蔵資料と吉田神道(仮)」です。

どっちもここがやらねば誰がやる的な展示です。中の人・・・はここは見てないと思いますがいちおう言っときます。期待してるからね!(プレッシャー)

できれば撮影OKなコーナーをつくってくれるとうれしいです・・・

 

そんで山種美術館上村松園です。とても盛況でした。やっぱり美人見てると気分よくなりますもんね。みんな美しい日本の女性の絵ばかりで癒されます。

これは撮影可だったので撮ってきました。

f:id:impatiens101:20171007150949j:plain

上村松園美人画の精華ー展、上村松園《砧》、山種美術館

他にも著名な作家さんの美人画がたくさんあります。そして着物をお召しの美人さんたちがたくさん見にいらしてます。お好きな方ぜひどうぞ。10月22日までです。

 

國學院のエントランスでうさぎさんが出迎えてくれました。君は誰だい?

f:id:impatiens101:20171007132812j:plain

検索したら、國學院ゆるキャラ「こくぴょん」だそうです。今年のゆるキャラグランプリにはエントリーしてない模様。

 

んじゃまた!

六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信@サントリー美術館

こんにちは。仙です。
暑さ寒さも彼岸まで。ということですが、今年は暑かったよねぇ( ̄▽ ̄)。でも一雨ごとに寒くなるらしいです秋が短いよ。秋が。好きなのに・・・。一瞬で終わりそう(ㆀ˘・з・˘)。年々短くなってきた感じです。

 

さて、今回はサントリー美術館で開催中の「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」ですヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20170918042651j:plain

今回はたまたま「そろそろハロウィン期間だし六本木が混む前にサントリー美術館でも行っとくか( ̄▽ ̄)」と思ったので来てみたらたまたま展示が狩野元信だったので、それほど高いモチベ-ションがあって見に来たわけではありません。でも実際見てみたらとても良い展示でした( ´ ▽ ` )ノ。

 

この人の作品は改めて見るとすごいなと思います。何か大して美術の勉強などせず、とりあえず好きなように見てるだけの私にもそのすごさがわかるっていうことは、世の中には確かに才能ある人っているんだなぁと思います。

 

そして作品とはあまり関係ない感心ポイントとしては、元信が狩野派の長として下の人を食べさせるために積極的に営業してる姿がかいまみえるところです。有力者の紹介を依頼する手紙の展示を見たりすると、「作品の製作だけでも大変だろうによくやるわ、人の上に立つ者はこうでなくちゃいかんなぁ( ̄▽ ̄)」と思ってとてもとても感心する。

 

そして元信は工房製作の一助として(テンプレートみたいなもの?)真・行・草の3つの画体を確立してるそうですが、やっぱりそれも質をキープ&量をこなすのに必要だからだろうね。発想がすごくて感心する(・Д・)。実際見ると何となく感じとしてうなずけます。文字の真・行・草の書体と何か通じるものが。

 

今回出品されてる作品には、もともとは京都の大徳寺大仙院に所蔵されてた作品が多いです(今なお所蔵されてる作品もあった)。

大徳寺いいよねヽ(・∀・)。大仙寺好きだ。その昔修学旅行で訪れてとてもよかった記憶が。大人になってからも何度も行ってる。一番最初、入り口の正面にある禅宗祖師図」とかよかったよ。全体的にセピア色というか抑えめな色調で心が落ち着きます(`・ω・´)。

 

あとボストン美術館所蔵品はやっぱりいいのあるね。白衣観音像」とかよかったよ。まったく崩れてないのに不思議な色気がある観音様の像ですヽ(´▽`)/。

他には「元信」印の作品だけど、京博の神農図が何かよかった。神農とは、中国の伝承にある昔の偉い皇帝の一人で、人々に医療と農耕の術を教えたそうです。何か神々しかったよ。

 

ということで、個人的にはとてもよいなと思った展示でした。11月5日までサントリー美術館でやってます。6期に分けて展示替えするみたいだよ。

 

サントリー美術館周辺は写真に撮るものがないのですぐ近くの檜町公園を撮ってみた。はじめて行ったけど、やっぱり場所柄外国人の家族連れとかが多くて富裕層な感じで優雅でした。

f:id:impatiens101:20171001234135j:plain

f:id:impatiens101:20171001234331j:plain

f:id:impatiens101:20171001234427j:plain

花も咲いてるよ。彼岸花だけど・・・。

f:id:impatiens101:20171001234549j:plain

f:id:impatiens101:20171001234632j:plain

六本木って、本当の地元のひとってどれくらい住んでるのかな?「うちのお爺ちゃんは子供の時に226事件の銃声を聞いたんだよ(´・∀・`)」、みたいなひと。そういう人はむしろとても地味に堅実に暮らしてそうです。ミッドタウン周辺ってちょっと歩くとお寺とかもあって意外と静かなとこなんだよね(´・_・`)。

 

んじゃまた!