cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

第11回展 白の刺子 カンターベンガルでの出会い@岩立フォークテキスタイルミュージアム

こんにちは。仙です。暑いですなぁ( ̄▽ ̄;)。そして今年の夏は半端なく暑くなるみたいなので今から怯えてます(-_-;)。暑いの苦手・・・。

 

今回は岩立フォークテキスタイルミュージアムで開催中の「第11回展 白の刺子 カンターベンガルでの出会い」に行ってきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20170612050410j:plain

岩立ビルは今日もいい感じ。

f:id:impatiens101:20170625221150j:plain

f:id:impatiens101:20170625221255j:plain

カンタ展、前もここで見たような。力を入れてるコレクションなんだな、と思ったら前見たのは日本民藝館のやつでした。勘違い( ̄◇ ̄;)。

 

impatiens101.hatenablog.com

 

 

impatiens101.hatenablog.com

 過去記事にも書いてますが、カンタっていうのは平たく言うとインドの刺子です。

いろんなカンタが出てますが、時代的には19世紀後半~第二次世界大戦前くらいのが多いですかね・・・実際使ってたものだから、これ以上前になるとあんまり残ってないんだと思う(´・_・`)。

 

展示内容はとてもすばらしいヽ(´▽`)/。

モスリン(綿とかウールとかの平織の薄物)に一面にとても細かいステッチを施してます。ステッチはチェーンステッチも使ってないくらいの単純さで、上手いわけではない。上手いわけではないけど、子を思う母親の愛情が滲み出ていて見る者の心を打つ作品です。

 

ここのカンタのコレクションは世界でも有数のものらしいんで、もしご興味があれば見に行ったほうがいいと思います。オススメです。

いろんな柄がありますが、基本的にヒンドゥーの人々が動物とか生命の樹とかのモチーフが多いですかね。そしてイスラームの人は偶像崇拝を禁止されてる関係で植物文とかが多い気がする。

 

着古したサリーの布から色鮮やかな糸を採り、それで皆思い思いの柄を生き生きと刺繍してます。不思議なパワーが伝わる作品です。本当に素晴らしいです。

 

でも、色糸の刺子はとてもきれいだけど、それを刺してたインドの女性が、その時代非常に地位が低くてまったく財産を持つことができず、着古したサリーと・・・ごめん、あとひとつ忘れたけど高価なものじゃなかったと思う・・・が唯一持つことを許されてたもので、それを子どものためにカンタにしてたと思うと何か切ない(´・_・`)。

 

そんでキャプションに書いてある岩立さんのエピソードも切ないんだよ。一番いいなと思ってたカンタのキャプションだったんだけど、

  • このカンタはインドで知人の家に滞在してたときに手に入れた。
  • そこに知人のそのまた知人の女性が訪ねてきて「これは代々大切にしてきたカンタなのですが、事情があってお金が必要なのです。外国人の方にお譲りしたいのですが、買ってくれませんか」と言ってきた・・・

何か切ない・・・彼女に何があったんでしょうか。

 

インドでは近年、このような手仕事の復活に力を注いでるそうですが、残念ながら昔のカンタには及ぶべくもないそうです。

そりゃそうだわ( ̄▽ ̄;)。

このカンタ、波打ってるぽくて風合いのある生地なんだなと思ってよく見てみたら、実は生地に白い糸で細かーーーーーーーくステッチを入れてたりして、本当に尋常じゃなく手がかかってるもん。

産業としてやってくのはちょっと無理な気がする・・・見返り求めたらやれない仕事なんじゃないかな。

そしてこのカンタを作った女性たちが子供に同じことをしてほしかったかっていうとそれも違う気がするのです(´・_・`)。難しいね。

 

でも、この展覧会自体はすばらしいと思います。ご興味あればぜひ。7月15日まで、自由が丘の岩立フォークテキスタイルミュージアムにてやってます。

 

こんなところ。

f:id:impatiens101:20170625230942j:plain

靴は脱いでスリッパに履き替えます。

 

んじゃまた!

双子がつくる魔術的ヴィジョン クェイ兄弟ーファントム・ミュージアム@渋谷区立松濤美術館

こんにちは。仙です。
今回は渋谷区立松濤美術館で開催中の「双子がつくる魔術的ヴィジョン クェイ兄弟ーファントム・ミュージアム」に行ってきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20170618230235j:plain

夕暮れの松濤美術館よ。

f:id:impatiens101:20170618230323j:plain

混雑状況:混雑ってほどでもないけど、いつものここにくらべたらひとはいっぱいいた・・・オシャレなお兄さんお姉さんとか(╹◡╹)。

 

この人たち、作品が人形アニメっぽいのが多いのと雰囲気が退廃的なので勝手に東欧のひと(チェコとか)かなと思ってたらまさかのアメリカ人だったのでちょっとびっくり。
名前見れば兄弟なのはもちろんわかるけど、実は一卵性双生児ですっごくそっくりポートレート見てびっくり( ̄▽ ̄;)。

f:id:impatiens101:20170612073423j:plain

Wikiを見ると、クローネンバーグの「戦慄の絆にインスピレーションを与えたとかなってる・・・マジでか( ̄◇ ̄;)。あれけっこうトラウマ映画なんですけど。 

戦慄の絆 <デジタルリマスター版> [DVD]

戦慄の絆 <デジタルリマスター版> [DVD]

 

 クェイ・ブラザースのいっしょに産まれてずーっといっしょに過ごしてこういう耽美で退廃的な作品を創って、っていう生涯・・・6月17日でお誕生日だったらしくて70歳になったそうなんですが、ちょっと聞いてみたい。どんな気持ちなんですか?と。想像もつかん・・・(´・_・`)。

 

展示内容はとてもよかったですヽ(´▽`)/。

正直、作品自体はほとんど見たことなかったのでとても面白かった。初期のイラスト作品・映画・舞台美術・CMやMV・・・などいろいろな種類の作品がありますが、どれも多少なりとも美しく妖しい魅力があります。タイトルを並べるだけでわかってもらえると思う。

  • シュトックハウゼンを完璧に口笛で吹く服装倒錯者」
  • 「喜びの電気拷問」
  • 「欲望果てしなき者ども」・・・。

私はデコールがよかった。デコールっていうのは人形アニメの精巧な舞台装置です。カフカの「変身」とか。人形アニメなだけにファンタジックな世界観なんだけどそれだけにあの虫を見るとかなりのインパクトが・・・。


これはクェイ兄弟のお誕生日記念で1日だけ撮影可能だったプラハ錬金術師」のデコールです。

f:id:impatiens101:20170618231212j:plain

f:id:impatiens101:20170618231239j:plain

あと意外と日本関連のものもあったよ。写真1枚だけの展示なんだけど、ニコン・ファン・タッチ」っていうカメラのCMも創ってたらしい。1989年だからフィルムカメラか。あとでそのCMをYoutubeで探そー、と思ったけど結局見つからない・・・ちぇっ(´-ω-`)。


映画とかのフィルムの上映もしてましたが、そのなかにコムデギャルソン関連のフィルムもありました。何のフィルムだったのかよくわからないけど・・・理解力なくてごめん。やっぱり人形が印象的な美しいフィルムでした。

 

というわけで、とてもおすすめな展示です。
7月23日まで渋谷区立松濤美術館でやってます。

 

これも撮影可能な「ストリート・オブ・クロコダイル」のデコール。クェイ兄弟の出世作なんだって。

f:id:impatiens101:20170618231551j:plain

今回図版を買うとクェイ・ブラザースのサインが抽選で当たるらしい。自分はむしろ遠慮した・・・サインかぁ。こういう企画でもらったことはあるけど、ダメにしなかった試しがない(´・_・`)。粗忽な人間なんで。Amazonで買おう・・・と思ったけど、よく考えたら美術館で買ってサインだけ万一当たった場合は断ればよかったんだ!何かごめん(´・_・`)。 

クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム

クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム

 

 

そしてクェイ兄弟の映画上映もあるみたい。都合つけられたら行ってみたい・・・。

www.imageforum.co.jp

あとクェイ兄弟お気に入りというパラレルペンを使ったワークショップの案内もあった。 

こんなペンあったんだ・・・知らなかった。あとで買ってみよう(・ω・)ノ。

 

んじゃまた!

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展@Bunkamura ザ・ミュージアム

こんにちは。仙です。
何か暑くなったり寒くなったりですな(`・∀・´)風邪ひいてる人はいますか?私は一度体調崩す→回復してるところです( ̄▽ ̄;)。

 

さて、今回はBunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展」です( ´ ▽ ` )ノ。

f:id:impatiens101:20170529071837j:plain

f:id:impatiens101:20170529071757j:plain

まず混雑度としては、週末はそこそこ混んでると思う・・・ってか混んでたと思う。土曜日の午後。写真(一部絵画もあります)で作品の大きさが小さめのものが多いから、人の流れが滞りやすい(´・ω・`)・・・。もう会期の残りも少ないし、できれば平日夜に行くのをおすすめします。

 

作品の印象はクール&ドライ(個人の感想です)。アメリカ(ニューヨークか)の感じよさが前面に出ててとてもよいと思いますヽ(´▽`)/。
ハーパース・バザーに載ってたモードなファッション写真、ストリート・スナップ、絵画や自室で撮ったプライベートなヌード写真もあってバラエティに富んでます。でもどれも自分のはらわたをさらけ出して見せてくれるタイプの作品ではないので自分的にはとても見やすくて好印象でした(・∀・)。

 

作家の言葉が展示室の壁にペイントされてたり、DIC川村のヴォルス展とちょっと似てる感じが。どっちもすてきな展示です(*´∇`*)。
それでその文章がなかなかよいのです。たとえば

  • 写真を撮ることは発見
  • 人の背中は正面より多くのことを私に語ってくれる

みたいな。あれ?改めて見ると文章はヴォルスのほうがぜんぜんいいかも。会場ではちょっと感動したんだけどな(・_・;。

 

あとは絵画もけっこうたくさんある。ソール・ライターはニューヨークのナビ派と呼ばれてたそうですが、参考展示のラインナップに出てくる名前(ゴヤ、ボナール、マチス、ヴュイヤールとか)を見るとすごい頷ける感じの画風です。浮世絵とかの影響も受けてたそうで、日本人ウケする美しさがあると思います。題材は若いころ私室で撮りためたモデルさんたちのヌードが多い感じ( ̄∀ ̄)。

 

傘の写真がとても多いのも目につきます。ポスターにもなってるモノクロに赤い傘みたいな。傘の被写体が多すぎてアシスタントさんに嫌がられたっていう文章も見たような。

 

ストリート・スナップでは靴磨きをしてる男性の靴がとてもくたびれてたり、社会の光が届いていない感じの人物が被写体だったりする作品もあってちょっと社会派のような感傷的なような「葬式のような結婚式」の連作とかもすてきです( ´ ▽ ` )ノ。

 

この人が使ってたカメラはライカのだけど、小さくてコンパクトなものです。展示されてた。何かライカのカメラほしくなる。物欲が刺激される・・・でもライカのデジカメはパナのOEMだからな・・・冷静になろう、自分( ̄◇ ̄;)。


そして作家本人の家族の肖像も展示されてました。小さい頃の本人含めた兄弟の写真とか、お母さんの写真とか。
でも一番印象的だったのはお父さんの写真。小さくちぎってあって、折り目がついてぐちゃぐちゃなやつ・・・。
「父ウルフ・ライター1940」
何か心の傷が表に出てる感じの写真(´・_・`)。第二次大戦前夜だもんな。

 

というわけで、写真好きだったらけっこうオススメです。6月25日までなので残り会期少ないです。急いでね。

そしてソール・ライターのドキュメンタリー映画もあるらしい。こないだまでル・シネマで再上映されてたそう。DVD出てるので、これ見るとまた別の楽しみ方がありそうかな。 

 

んじゃまた。
次は出光美術館