easy busy

基本は美術鑑賞ブログです。「とりあえず正直に」がモットーです。忙しくても気楽にいきましょう。

特別展 縄文 1万年の美の鼓動@東京国立博物館平成館&トーハクの常設展

こんにちは。仙です。暑いね(;´д`)ゞ 。
元々清涼飲料水など甘い飲み物を飲まないポリシーなのですが、今年は無理です。節を曲げて飲んでます。ポカリスエットとかソルティライチとか。そしてスイカをアホほど食べてる。イカおいしい。

さてそんな暑い中行ってきました。東京国立博物館平成館で開催中の「特別展 縄文 1万年の美の鼓動」ですヾ(๑╹◡╹)ノ"。

 

これは撮影可能でした。

f:id:impatiens101:20180717001612j:plain

この時期なので、夏休みに入ったら混むだろうから先に行っとけ系統の展示を優先して行ってます。 すごいわかりやすくて面白かったので、やっぱりお子さんと夏休みに行くのに大変オススメです。

 

土偶とか縄文式土器とか縄文フィーチャーの展示メインだと 単調になりやすいイメージなんですがその時代の世界の文明と対比させるような構成になっていて、 とても興味深かったです。

f:id:impatiens101:20180717001900j:plain

土偶っていろんなポーズをしてたりいろんな顔をしてたり、結構バリエーションに富んでるんですよね。

そんで縄文式土器って他の世界の色々な地域に比較して、圧倒的にデコラティブ。 やっぱり太古の昔から続く日本人のメンタリティを如実に表している気がします。バウハウスよりアールデコが好きみたいな。 合理主義一辺倒よりもちょっとオカルトよりな気がします。不合理を愛するみたいな。

弥生式土器はすっきりしてるけど、確か渡来系の影響が強いんだよね?
私は個人的にはさっぱりしてるのが好きなので実用第一のものはとても好きですが。

 

この「縄文」、いろんな意味でなんか工夫された展示で、見ててとても楽しかったです。夏休みにどうぞ。 会期は9月2日までです。

 

文展のあとで常設展に行ってみたら、新収蔵品のお披露目がありました。

f:id:impatiens101:20180717002753j:plain

目についた作品を撮ってみました。うまく撮れなかったけど酒井抱一もあったよ。

f:id:impatiens101:20180717002823j:plain

能面。 三井にも類似のものがありました。

f:id:impatiens101:20180717002847j:plain

お金がたくさん。

f:id:impatiens101:20180717002913j:plain

f:id:impatiens101:20180717002931j:plain

f:id:impatiens101:20180717002952j:plain

 

今回は東洋館の方に行ってみました。

f:id:impatiens101:20180717003100j:plain

インドの仏様はインドの人の顔をしてるよね。

f:id:impatiens101:20180717003033j:plain

シャガイ占い。チベットの方の占いだって。

f:id:impatiens101:20180717003140j:plain

動物の骨を投げてその形を見て運勢を占う。要するに易占だよね。短期的な運勢を見るなら易占だよね。 昔易占で株の売買をするのにはまってました。 自分のお金をかけると目の色を変えて勉強できます。
でも必ず現物で。損をしても立ち直れる程度のお金でやりましょう。絶対レバレッジをかけないように!人間ってそんなに強くないのよ・・・。

 

夢占いも面白い。

f:id:impatiens101:20180717003308j:plain


インドの細密画はとても綺麗で好きです。

f:id:impatiens101:20180717003404j:plain

f:id:impatiens101:20180717003437j:plain


日本人の仕事が丁寧。バティックの染色方法を細かく解説しています。

f:id:impatiens101:20180717003530j:plain

f:id:impatiens101:20180717003558j:plain


他の国の神様の像を見ると、日本の博物館に置いといていいのかな?といつも疑問に思ってしまう・・・。

f:id:impatiens101:20180717003622j:plain

f:id:impatiens101:20180717003702j:plain

f:id:impatiens101:20180717003805j:plain


東洋館はあまり人もおらず 涼しくてとても良いところでおすすめです。特別展に来たら 見てみると楽しいと思います。

 

なんか最近季節が前倒しになっている気がするよね。早く秋風が吹かないものか。そしてもうこれ以上災害のないことを祈っています。

 

ほんじゃまたね。

お面三昧してきました。特別展「金剛宗家の能面と能装束」@三井記念美術館&特別展「狂言―山本東次郎家の面―」@國學院大學博物館

こんにちは。仙です。
今週はニュースとか災害とかいろいろ激動でしたが、皆様如何お過ごしでしょうか?私はとりあえず元気です。

 

さて、今回は三井記念美術館特別展「金剛宗家の能面と能装束」國學院大學博物館特別展「狂言山本東次郎家の面―」を見てきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20180702071026j:plain

f:id:impatiens101:20180708235639j:plain

必然的にお面三昧( ̄∇ ̄)

 

三井の方が能面で、國學院のほうが狂言です。 どっちも良かったですよ?いや、良し悪しわかるほどの知識はないのですが、素直に見た感想です。


三井の方は、 リピーター割引とかやってるので結構大規模な展示替えがあるみたいです(・ω・)。三井の能面のコレクションてすごいよね。前から折に触れてチラ見させてるもんね。孫次郎の「ヲモカゲ」とか(これはもちろん重文)。


私は、 秀吉愛蔵品だった「花の小面」がとても美しいなと思いました。時代とともに美人の基準は変わっても変わることのない女性の造形の美しさ。


 後は 「若曲見」とか。女性の能面って、正直「怖いな」が先に立つのですが、この人はなんか冗談が通じそうなお顔だったので。
 金泥の面もいいよね。目が金泥のお面は基本的に人外なんだよね?

 

國學院の方は、 山本東次郎さん(國學院卒業生だそうです)協力だけあって、これも充実してました。動物のお面が可愛い。

同時に、多分野連携特集展示「惡―まつろわぬ者たち―」もやってました( ´ ▽ ` )ノ。

f:id:impatiens101:20180702045040j:plain

っていうのは、悪いっていう意味もあるけど 、強いとかずば抜けてるとかそういうポジティブな意味もあるんだよということで。ちなみにここに行った時に、ミュージアムトークがやっていました。盛況だったよ。

 

同時にこういう展示もやってました。

f:id:impatiens101:20180709000552j:plain

写真は禁止だったんで撮影はしませんでしたが。 三井の方でも装束とかの布の展示もやってました。布って、結構良し悪しが素人目にも歴然としてるので恐ろしいよね(・ω・)。 刺繍とか特に。さすがに展示品はどれも素晴らしかったです。

 

混み具合は週末だけどどちらもそれほどでもなかったです。お面かぁ。ダメな人はダメだよね。でも面も装束も素晴らしかったので興味ある人はオススメです。

三井記念美術館の方は、9月2日までの会期です。國學院大學の方は、今見たら8日で会期終了でした。でも「惡―まつろわぬ者たち―」のほうは8月5日までやってます。

f:id:impatiens101:20180709000908j:plain

7月14日からは、 開館90周年記念 企画展「日本文化の淵源を求めて―考古学陳列室から國學院大學博物館まで―」が開催されるそうなのでそれと一緒にどうぞ。私もまた来ます。

 

國學院では今回は写真可エリアの小展示がエッジ効いてました。

西南学院大学との交流展示。過ぎ越しの祭りって何をするのかイメージしづらいけど結構詳細な説明が。

f:id:impatiens101:20180709001036j:plain

そしてこっちはさすが國學院大と言いたくなるような展示です。

f:id:impatiens101:20180709001151j:plain

出口王仁三郎皇典講究所(現・國學院大學)出身だけど、結構貴重じゃね?直筆かな?

f:id:impatiens101:20180709001227j:plain

f:id:impatiens101:20180709001315j:plain

教派神道の資料ってありそうでなかなか無いんんだよね。あってもオカルト寄りすぎな感じで。まぁ内部なら色々あるとは思うけど、さすがにそれは遠慮させてください。

f:id:impatiens101:20180709001426j:plain

この辺も昔興味があって調べましたが、意外と後世にすごく影響を残してたりすると思います(・ω・)・・・一言では説明できません。興味のある人は自力で調べてみてください。ネットには資料はほとんどないので図書館ですかね。國學院大学の図書館なら色々ありそう。

f:id:impatiens101:20180709001529j:plain

f:id:impatiens101:20180709001623j:plain

國學院さん、この辺の本出してください!買って読みます( ´ ▽ ` )ノ!できれば電子書籍でお願いします。


ということで、ここら辺は個人的に興味深くておすすめの展示でした。

全国の災害が早く収束することを祈っています。んじゃまた!

 

ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画@ DIC 川村記念美術館

こんにちは。仙です。暑いですね ( ̄▽ ̄)。

梅雨明けあたりからなんか頭痛がするなと思ったら、熱中症気味だったらしいです(´・_・`)。スポーツドリンク飲むようにしたら治りました( ´ ▽ ` )ノ。皆さんも頭痛がしたらとりあえずスポドリを。 スポーツドリンクって砂糖結構入ってるから、本当は飲みたくないけど仕方ない。 

 

さて、暑い中行ってきました。 DIC川村記念美術館ヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:impatiens101:20180701230434j:plain

現在は「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」展を開催中です。

f:id:impatiens101:20180701230500j:plain

所在地は千葉県佐倉市。上野から急行で1時間。佐倉の駅から無料送迎バスで30分ぐらい。暑いよ。でもいいところ。周辺の田んぼの稲は青々としています。

 

庭園は紫陽花が咲き誇ってました。

f:id:impatiens101:20180701230644j:plain

f:id:impatiens101:20180701230743j:plain

f:id:impatiens101:20180701230845j:plain

f:id:impatiens101:20180701231437j:plain

池には睡蓮の花が咲いていました。見てるとありがたい気持ちになる。

f:id:impatiens101:20180701230945j:plain

f:id:impatiens101:20180701231024j:plain

 

キスゲ(たぶん)もあるんだぜ?

f:id:impatiens101:20180701231217j:plain

池のほとりにはウシガエルの鳴き声がこだましてます。

f:id:impatiens101:20180701231656j:plain

いいところでしょ?いいとこなんだよね。庭園だけでも維持費膨大だと思う。開放してくれてありがたいです。

f:id:impatiens101:20180701231855j:plain

f:id:impatiens101:20180701231948j:plain

f:id:impatiens101:20180701232125j:plain

でも光が強いよ。普通にデフォルト設定で撮ってたら何でも白飛びする。いくら露出下げてもダメ。今回は自分が写真全く分かってないことを教えていただきました。厳しいよ、川村美術館先生。ナマケモノですみません。 今度こそ頑張って覚えます。

 

ここに来ると、いつも茶室でお茶を飲みます。静かでよい。窓から見える景色も格別。

f:id:impatiens101:20180701232421j:plain

これはブリジット・ライリー展仕様の錦玉と和紅茶のセット[税込700円]。美味しいです。

f:id:impatiens101:20180701232605j:plain

ただ、茶室がある部屋はやっぱり日本画があった方がいいかなとは思う(´・ω・`)。ま、慣れないだけかもね。 フランク・ステラも特に悪いわけではないので。 でもロスコのシーグラム壁画だけはこのままあの部屋に置いておいて欲しいなあ。

 

ブリジット・ライリー展はとても良かったです(・ω・)ノ。てゆうか、想像より全然良かった。
視覚に訴えるゆらぎ。色彩もとても美しい。明るくて繊細な色使いに、ご本人のおっしゃるジョルジュ・スーラの影響を感じます。


助手の方が実際日本に来て仕上げたというウォールペインティングもありました。ポップでとてもいい作品と思うけど、 会期が終わったらまた普通の壁にするそうです。
とにかく彼女の作品は原画を見ないとなかなか良さのわからないものだと思うので、そして38年ぶりの回顧展ということは今後もしばらくまとまった作品を見るのが難しいと思うのでぜひおすすめです。

 

8月26日まで、佐倉の DIC川村記念美術館で開催中です。トンボを撮ったはずなんだけど、いる?見つからん・・・

f:id:impatiens101:20180701233403j:plain

オブジェは健在です。

f:id:impatiens101:20180701233258j:plain

夏休みに行くといいかもね。

 

いいところです。紫外線対策を万全に。

んじゃ、またね!