easy busy

基本は美術鑑賞ブログです。「とりあえず正直に」がモットーです。忙しくても気楽にいきましょう。

ニューオープンのアーティゾン(開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」@アーティゾン美術館)

こんにちは。仙です。

アーティゾン美術館、開館しましたね!さっそく行ってきました(・ω・)ノ。 

f:id:impatiens101:20200125172601j:plain

何かすごい立派になってた

前身のブリジストン美術館にも行ってましたが、もちろんすごく立派な建物なんだけど、いくぶん昭和な感じが残ってた気がします。でもこの新しいアーティゾン美術館は令和です。100%オシャレ(・ω・)。カフェも何ぞ流行りの感じで(でも入り口から壁が無くて寒そう)。

 

あと入場もWEB予約ができるようになっててますます令和。いきなり来てもまあ見れるらしいんですが、窓口が1500円でWEB予約が1100円なら迷わずWEB予約するでしょ。

今回は私は東京駅周辺美術館共通券をさっそく使ったんでいきなり組だったんですが。

5museums.tokyo

 

そうやって行き届いた配慮をしてるからか、人の流れも快適でとてもよい美術館になったと思います。前のもよかったけどね。そして写真撮影が可能になってました。

 

そして展示品の数が多かった。「疲れた~」って言ってた人も多かった(´・ω・`)。私もこの次行こうと思ってたところあったんだけど取りやめました。時間かかる。きちんと時間とって予定たてることをおすすめします。やっぱり予約したほうがいいよね。

 

さて、この「開館記念展『見えてくる光景 コレクションの現在地』」、今回はお披露目ということで、新収蔵品を含めた館蔵品展だったんで一気に画像を貼っていきたいと思います。

f:id:impatiens101:20200125161058j:plain

ここから始まる

 公式ページによるとここの石橋財団コレクションは青木繁の作品から始まってるそうです。貸出も多いからいろんなところで見た気がするけど初見がどこだったか思い出せない(・∀・)。

f:id:impatiens101:20200125161516j:plain

f:id:impatiens101:20200125170901j:plain

わだつみいろこの宮。夏目漱石も絶賛。

だから日本の近代洋画、日本画もいいのがたくさんあります。

f:id:impatiens101:20200125163640j:plain

前田青邨。おめでたい

f:id:impatiens101:20200125162048j:plain

藤田。これは旧館に飾ってあったの印象深い。

でもそれだけではなくヨーロッパの印象派とかもいいのを貪欲に集めてます。

マネ

f:id:impatiens101:20200125161233j:plain

f:id:impatiens101:20200125161643j:plain

この自画像覚えてる

からのベルト・モリゾ

f:id:impatiens101:20200125170706j:plain

 

睡蓮もある。

f:id:impatiens101:20200125162018j:plain

ゴッホもある。

f:id:impatiens101:20200125170741j:plain

万人が好む感じの

このごろカサットを新収蔵してるらしい。

f:id:impatiens101:20200125161552j:plain

温かみのあるよい絵です

ロートレック

f:id:impatiens101:20200125161452j:plain

あまり見ないタイプ

そして古代エジプトとかローマ、シュメールとかもあり

f:id:impatiens101:20200125163446j:plain

f:id:impatiens101:20200125165413j:plain

f:id:impatiens101:20200125163708j:plain

これはイラン

現代もいろいろある

f:id:impatiens101:20200125162423j:plain

新収蔵のロスコを発見

f:id:impatiens101:20200125171205j:plain

色使いがすき

f:id:impatiens101:20200125162243j:plain

私の好きなヴォルス

他にもいろいろあったよ。

f:id:impatiens101:20200125161926j:plain

セヴェリーニ

f:id:impatiens101:20200125161357j:plain

ラトゥールの花はきれい

f:id:impatiens101:20200125163603j:plain

このガレきれいじゃない?

f:id:impatiens101:20200125163853j:plain

アングルとかあったのね

f:id:impatiens101:20200125171101j:plain

スーラージュ!

f:id:impatiens101:20200125162403j:plain

草間彌生も収蔵されてました

f:id:impatiens101:20200125162258j:plain

ジャコメッティの矢内原

さいごには勝利の女神を。

f:id:impatiens101:20200125165250j:plain

とてもいろんな時代のいろんな作品が楽しめる展示です。

 

コレクションのはじめに特定のきっかけがあると、どうしてもそちらに特化した感じのコレクションになるのかな、と思いますが(それもいいと思うけど)、こんなに幅広く好みの作品が集められるなんてとても素晴らしいことだと思います。

そしてそれを許す財力もすばらしい。これからそんな人が出てくる世の中はまた巡ってくるのでしょうか・・・。

ということで、誰にでも楽しめますのでぜひどうぞ。3月31日まで京橋のアーティゾン美術館でやってます。

 

中のview deckから見えた景色。何が隣にできるんだろう。

f:id:impatiens101:20200125164021j:plain

絶賛解体中

んじゃまた!

東博の夜間開館はおすすめ(出雲と大和、高御座と御帳台、人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-)

こんにちは。仙です。

 

今回は、夜の東博で混雑してそうな展覧会を色々見てきました。まず最初に、「出雲と大和」。これは平成館でやってます。

f:id:impatiens101:20200118182218j:plain

混みあう展示には夜行くに限る

 

土曜日はだったじゃないですか?だから会期が始まって早々でもあるし、今なら空いてて楽々に見られるんじゃないかと思いまして。

結論:そんなことなかったです。

でも、かなり混みそうな展覧会ではあるので、来週以降に行くよりはちょっとマシだったんじゃないかと。

f:id:impatiens101:20200118151426j:plain

この加茂岩倉遺跡の模型は写真OK

f:id:impatiens101:20200118150153j:plain

これも写真OKだったけど光ってうまく取れなかった

でもさ、混んでる展覧会なりの楽しみもあります。いろんなグループの会話が漏れ聞こえてきたりとか。

  • キャプションにカミマツリっていう言葉があった→「カミヅマリじゃないよカミマツリだよ。」それ私も思った。うける。
  • 石上神宮の七支刀→「 これはユダヤの遺物なんだよ。」マジに言ってんのか。子供が真に受けたらどうするんだ。でもこれすごく貴重な展示だよね。神宝だし。石上神宮大好きで2回行きました。
  • 日本書紀とかの難しい原本→これ、愛子様だったら読めそう。確かに。

 

すべて、出雲と大和を対比させる構造でなんですが、銅鐸とかいろんな大きさと形状があるんだなと思いました。たくさんあった。凝ったものは少ないですが、すっきりさっぱりした簡潔な美があります。金細工とかも外国の影響を受けたものの方が(パルメット文とか)精巧な作りで、日本のものは素材で勝負って感じかな・・・。
後半の仏像が良いのがたくさんあってとても面白かったです。私は当麻寺持国天がとても美しいなと思いました。

f:id:impatiens101:20200118181814j:plain

全体的にとてもよかった

全体的に、確かに出雲と大和(奈良)に旅行に行けば、今後も見れそうではあるんですが、あの辺回るにはなかなかの時間が必要だと思うので、一挙に見れる今回の機会は貴重だと思います。時間があれば是非見に行ってください。

そのうえで現地に旅行したほうが楽しいかと思います。

東京国立博物館平成館で 3月8日までやってます。

 

次は今日までだった特別公開「高御座と御帳台」。これは待ち時間を覚悟してたらすぐ見れました。ラッキー。貴重な展示で興味深かったです。

f:id:impatiens101:20200118165407j:plain

意外と早く見れた

f:id:impatiens101:20200118165320j:plain

すごく美しくて歴史を感じます

f:id:impatiens101:20200118165700j:plain

装束の展示もあった

f:id:impatiens101:20200118165831j:plain

こういうのもかっこいい

 

東洋館では アールサーニコレクションもやってました。 「人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界-」
これはカタールの王族であるシェイク・ハマド・ビン・アブドラ・アール・サーニ殿下が収集されザ・アール・サーニ・コレクションの展示です。

彼はイスラームスンニー派なので基本偶像崇拝は×だと思うのですが、いろんな神話に出てくる神像とか呪術に使った像とかいろいろありました。ウィキがあった。

ja.wikipedia.org

学究的な興味がある人なのかな。たぶん「美術品」って見解なのかも。だから細工とかも一級です。保存状態もよく迫力がある。時間があればぜひ。2月9日までやってるよ。

 

f:id:impatiens101:20200118164835j:plain

すごいコレクションだったよ

f:id:impatiens101:20200118164842j:plain

東洋館でやってます

常設の特集もいろいろやってるよね。私にはこの能面特集が興味深かったかな。

f:id:impatiens101:20200118173031j:plain

常設の特集

能面って、すごくよくできてる。いろんな伝説の名人がいますが、実在は「たぶんいただろう」くらいの感じらしいです。僧侶の副業とかでもあったらしい。

f:id:impatiens101:20200118173006j:plain

これ他でも見た気がする

f:id:impatiens101:20200118172924j:plain

能面ってほんのちょっとの違いで年齢とか背景を表現してるよね

f:id:impatiens101:20200118172820j:plain

怖いっちゃ怖い

というわけで、どれも面白かったです。庭園公開がやってても時間には間に合わないけど、東博の夜はおすすすめです。んじゃまた!

f:id:impatiens101:20200118182054j:plain

夜の博物館はよいよね

 

アパレルの未来について考える(ミナ ペルホネン/皆川明 つづく@東京都現代美術館&世界の原始布@岩立フォークテキスタイルミュージアム)

 こんにちは。仙です。

今回は2つの展示に行きました。まず最初は東京都現代美術館で開催中の「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」です。

 

f:id:impatiens101:20200111164704j:plain

門仲駅から徒歩15分くらい

ミナペルホネンってお洋服のブランドなんですが、ご存知ですか?一言でいえば、すごくかわいくて高価な服( ̄▽ ̄;)(※個人の感想です)

 

洋服のブランドって栄枯盛衰が激しいよねー。私はユニクロGUだけだと気持ちがすさんでくるタイプの道楽者なんで、比較的服にお金をかけますが、ここ数年でもなかなかの数の国内ブランドがクローズしてるなと感じます。

  • wafflish waffle。かわいかった。
  • si-ho sup。好きだった。
  • pullette。これも好きだった。
  • click pebble ニットとかがよかったな。
  • アリスバーリー。上品な感じ。今は亡き祖母にバッグを買ってもらった思い出。
  • 22 octobre 東京スタイル。惜しいブランドだった気が・・・

覚えてるのは全部レディースだけど、他にもいろいろあったような。アパレルブランドの経営って大変なんだよね。

 

そんな厳しい中、高価格帯の特殊なブランドを長年維持してらっしゃるのが皆川さん。

アパレルを目指す若者の憧れでしょうね。奇跡的な存在だと思うから、ファンの人はその存在を当たり前とは思わず、好きな服は頑張って迷わず買っておくべきと思います。わりと本気で。

 

だからブランドの特質から言って少数の熱心なファンに支えられてるはず。きっと少数の濃いマニアが来てるだろう・・・と思ったら、 何かすごい混んでました。何で?みんなそんなに興味があるの?

それでも私は入場5分待ちで入れたけど、日曜とか1時間待ちくらいしてたみたいじゃないですか。やっぱりインスタ映えってやつかな?

f:id:impatiens101:20200111154906j:plain

映えるよね

 でも混雑してる分、老若男女いろんな人が来てて、お洒落じゃないと会場で恥ずかしいってことはないです。中にはすごくお洒落な人がいて、その人も浮いてないけど、全身ファストファッションでも特に浮きません。

 

いろんな服が展示してあって、そのどれもとてもかわいい。さすがに手間がかかってて、タンバリンっていう連続した丸い刺繍テキスタイルとかは一つの輪を刺すのに機械で9分30秒くらいかかる果てしなさ。他のもすべからく手がかかってる。とくとご覧ください。

f:id:impatiens101:20200111155528j:plain

真ん中の青いジャケットがタンバリン

f:id:impatiens101:20200111155712j:plain

色使いがきれい

f:id:impatiens101:20200111155704j:plain

いちばん好きだったスタイリング

f:id:impatiens101:20200111155632j:plain

よくよく見るとすごく手がかかってる

f:id:impatiens101:20200111155512j:plain

この辺も渋い


けっこうワールドワイドにコラボもしてる。

f:id:impatiens101:20200111160404j:plain

ジノリともコラボしてる

何か皆川さんは簡素なお宿を開くのが夢だって書いてあった。

f:id:impatiens101:20200111160814j:plain

こういう簡素な宿を作るのが夢なんだそう

f:id:impatiens101:20200111160653j:plain

実物大模型に入れる

f:id:impatiens101:20200111160645j:plain

ここはキッチン

どれもすごくすてきだったのでこういうのお好きな方はお勧めです。物販もすてきだけどお高いです・・・。

2月16日まで、タワマンがそびえる門前仲町東京都現代美術館にて。

 

 次は自由が丘の岩立フォークテキスタイルミュージアムで開催中の「世界の原始布」です。

f:id:impatiens101:20200111142128j:plain

今回は日本の布が多かったかな。

こちらにもとてもかわいくて手間のかかったテキスタイルがたくさんありました。

ラフィアとか、苧麻とか大麻とか、藤とか芭蕉や葛とか。色も質感もすばらしい。日本にもいろいろあったんだけど、たいてい戦前のものです。戦後は維持できなかったらしい。大変だから。 

そしていろんな繊維のための農地も戦時中にすべて芋畑にしてしまい、戦後はもう誰も思い出すことなく忘れてしまったんだそうです。記憶していたお年寄りがリタイアしたので、採算とかではなく生きがいとして失われた技術が近年復刻しつつあるそうです。

 

いろいろ考えさせられる展示でした。3月14日まで。

f:id:impatiens101:20200111142217j:plain

一等地の岩立ビル

自由が丘は今日も華やかだった!セール真っ最中でした!

んじゃまた!