cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

怖い絵展@上野の森美術館

こんにちは。仙です。
今回は上野の森美術館で開催中の「怖い絵展」ですヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20171017141105j:plain

いや、本当に怖かったです。混み具合が(´・ω・`)。
平日で天気がかなりアレな日のお昼くらいから行ったんで(健康診断の帰り・・・胃カメラ飲んだ・・・)いくらなんでもそこまでは混んでないと思ったんだけど、甘かった( ̄▽ ̄)。

f:id:impatiens101:20171017140252j:plain

それでも待ち時間はなかったし、チケットはすぐ買えたんだけど美術館内は人でぎっしりでした 。
目玉のジェーン・グレイとかは大きいので人たくさんいても見れるけど、けっこう判型の小さな絵もあって、それは見るのが大変だったよ。係員さんに並ぶなって注意されるんだけど、並ばないと近寄れないから人の頭が邪魔でよく見れないんだよねぇ( ;∀;)。
週末どんな感じかは想像するだけで怖いよ(´・_・`)。まだ開幕序盤でこれなので、混雑度合いはどんどん加速すると思われます。興味がおありの方、ぜひ見たい方は早く行った方がいいですよ、といわざるを得ないです。
上野の森美術館で12月17日までやってます。土曜は20時、日曜は18時まで開館延長してるらしいですよ。

 

これだけじゃアレなので、展示内容も少し。でもこの一言になっちゃうんだよな。
別に こわく なかった
何かキャプション読んでると、悲惨な運命をたどった人の絵が多くて気の毒だとは思う。思うけど、「気の毒」と「怖い」って違うよね。


でもまったく面白くなかったわけではないよ?やっぱりセザンヌの「殺人」とかは大変興味深く見ました。若い頃の作品なので、これはルノワール
「あいつ(セザンヌ)には友達がいない( ̄∀ ̄)」
と言われたころの作品なのかと思いました。
あとは他でも見たことあるけど、ルドンとかムンクビアズレーとかの版画にはいいのが多かったかな。

そしてシムズの絵ってあんまりよく見たことなかったけど、何かドラマチックでいいなと思いました。
全般的に何か恐怖っていうより、耽美とかそういう風なキーワードのほうがしっくりくるかな、と思いました。

 

でも、これが怖いと思う人を否定するわけではないです(´・ω・)。怖さも人によるよね。
感じ方は 人 それぞれ
っていうことで。
私にはまったく刺さらなかっただけで、これが刺さる人もいると思う。っていうか、むしろそっちのほうが多数派なのかも。

 

あと印象的なのは、お客さんを集めてくる力のすごさですかね。
昨今どの分野でもみんな集客には悩まされてると思うし、その意味ではとても力のある展示だなと思います・・・。

 

帰りに寄った喫茶店で。デイリーフーズ(ジャムとかジュースの会社)のアンテナショップらしいです。

f:id:impatiens101:20171017145930j:plain

ここ、週末休み&平日も17時半くらいまでなのでいつも看板だけ見てて気になってたんだけど、やっと今回入ってきました。
ミルクティとスコーン。セットで480円だったと思う。お安いです。けっこうおいしかったよ(*´∀`*)。御徒町からもうちょっと秋葉原よりに歩いたところにある。

 

んじゃまた!