cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画@DIC川村記念美術館

こんにちは。仙です。

今回はDIC川村記念美術館で開催中の「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」ですヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20170918233646j:plain

佐倉は遠い( ̄▽ ̄;)。でもこの美術館はいいところです。

f:id:impatiens101:20170918234155j:plain

f:id:impatiens101:20170918234241j:plain

f:id:impatiens101:20170918234330j:plain

お茶もおいしいです。

f:id:impatiens101:20170918234759j:plain

ご飯もおいしいです。

f:id:impatiens101:20170918234838j:plain

写真はないですが、常設もいろんなピカソとかシャガールとかいろいろあるよね(・ω・)ノ。レンブラントもいいし、ロスコのシ-グラム壁画の部屋にはずっといても飽きません。

個人的には平日に行って耳鳴りするくらい静かな中でずーっと見ていたいです。

 

今回の展覧会、「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」は、写真家フェリーチェ・ベアトが約150年前の日本を写した写真の展覧会です。人物も風俗も興味深いですよヽ(・∀・)。

上野彦馬(幕末の写真師。三谷幸喜の舞台劇「彦馬がゆく」の主人公のモデル)がらみの写真とかもありました。

浅井忠(六本木の泉屋博古館分館でタイトルロールになってる展示が絶賛開催中)の洋画もあった。彼は絵画製作に写真を参考にしてるそうです。

ご興味のある方、是非どうぞ。12月3日まで。

 

庭は夏の終わりと秋の訪れを告げてました。

f:id:impatiens101:20170919001811j:plain

f:id:impatiens101:20170919001843j:plain

f:id:impatiens101:20170919001949j:plain

f:id:impatiens101:20170919002239j:plain

蜻蛉いるのわかる?

f:id:impatiens101:20170919002500j:plain

蟷螂かな?

f:id:impatiens101:20170919002607j:plain

f:id:impatiens101:20170919002933j:plain

f:id:impatiens101:20170919003008j:plain

f:id:impatiens101:20170919003709j:plain

この庭は大好きなので紅葉のころにでもまた再訪したいです。

推しに積む。この姿勢はドルヲタの皆さんを少しでも見習いたいと思います。

身銭切るのは大事だよ。うん。ちなみに取引先が文化事業とかマイナースポーツのスポンサードをしてたら、機会を見つけてなるべく褒めちぎるようにしてます。いや、その人が直接の担当じゃないことはわかってるんですけど。少しでも。小さなことですが。

 

んじゃまた!