cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

アートになった猫たち@高崎市タワー美術館&井上房一郎邸@高崎市美術館

こんにちは。仙です。

前回ウィリアム・ブレイクの記事をUPしましたが、そのときに高崎をちょっと歩いたのでその記事になりますヾ(๑╹◡╹)ノ"。

 

高崎市には高崎市美術館の他に高崎市タワー美術館があります。多分両方とも市立(高崎市のサイトに公式WEBがある)。

確かにタワーだよね。ここの3Fと4F。

f:id:impatiens101:20170723232608j:plain

高崎市美術館からのロケーションは近い。西口と東口にわかれてるけど両方とも駅から5分くらいだし(・ω・)ノ。だから高崎まで来たなら両方見たほうがいいと思う。どちらも入館料は500円だったし。

f:id:impatiens101:20170723233207j:plain

美術館を出たところにきれいなステンドグラス?がありました。

f:id:impatiens101:20170723233554j:plain

現在の展覧会は「アートになった猫たち」古今東西いろんな猫のアートがありましたよ。葛飾北斎レオナール・フジタ・・・浮世絵多めかな。

猫がお好きならすごく楽しめると思います。こちらは9月3日まで。

 

そして、高崎市美術館には旧井上房一郎邸があるのですよ。

受付に入ると受付の女性にまずこっちから見るように言われます。

f:id:impatiens101:20170723234940j:plain

古い日本家屋って感じのよいお宅です。

f:id:impatiens101:20170723235104j:plain

この方が井上さん。地元の名士で地方文化のパトロンだったみたいです。

f:id:impatiens101:20170723235137j:plain

いいこと言ってるよ。

f:id:impatiens101:20170723235538j:plain

すてきなお部屋。

f:id:impatiens101:20170723235640j:plain

f:id:impatiens101:20170723235717j:plain

f:id:impatiens101:20170723235821j:plain

家具調度品もいいのよ。

f:id:impatiens101:20170723235859j:plain

ノエミ・レーモンドさんというチェコのアーティストがプロデュースしたらしい。

f:id:impatiens101:20170724000008j:plain

f:id:impatiens101:20170724000141j:plain

暖炉あるよ!

f:id:impatiens101:20170724000229j:plain

庭もなかなかいいのよ!

f:id:impatiens101:20170724000340j:plain

f:id:impatiens101:20170724000408j:plain

離れが仏間です。

f:id:impatiens101:20170724000514j:plain

f:id:impatiens101:20170724000648j:plain

f:id:impatiens101:20170724000813j:plain

f:id:impatiens101:20170724000739j:plain

玄関はこんな。

f:id:impatiens101:20170724000933j:plain

庭の葡萄棚。

f:id:impatiens101:20170724001213j:plain

昔の地方のお金持ちの暮らしが見れて楽しいです。

 

井上さんも高崎毛織っていうホームスパンの会社をしてたらしいですが、高崎って街の規模の割にお高い洋服屋さんが多い気がした。アパレルが盛んなのは富岡製糸場があったからかな?歴史って今にも確実に影響してるよね。

 

駅から街を眺める。

f:id:impatiens101:20170724001748j:plain

高崎は意外と観光地でした。お土産とかいっぱい売ってた。

機会があれば行ってみてください。

 

んじゃね。