cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

ウィリアム・ブレイクと神の世界 郡山市立美術館 ローダー・コレクションの版画作品を中心に@高崎市美術館

こんにちは。仙です。

今回は高崎市美術館ウィリアム・ブレイクと神の世界 郡山市立美術館 ローダー・コレクションの版画作品を中心に」に行ってきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20170723201210j:plain

このときはちょっと雨が降ってた。

f:id:impatiens101:20170723201522j:plain

駅から5分くらいかな。道路の向こうが高崎市美術館の建物です。内部の造りはなかなか凝ってる(・ω・)ノ。

f:id:impatiens101:20170723201414j:plain

展覧会はとても面白かったです。
ポスターのフレーズ
「一切の希望を捨てよ」
「滅びよ、わたしが生まれた日」
「お前はプレアデスの鎖を結びオリオンの結びを解きうるか」
みたいな煽りを見ればわかるかなと思いますが、ちょっと厨2風味で楽しいヽ(´▽`)/。こういうの好きな学芸員さんがいるのかな。天使の位階の図解表とかあるし。


えーっと、作品の展示としては5つの章にわかれてます。

どれも西欧世界の有名な物語なのでキャプション読みながら見てるとだいぶ知識が増えて博識になった気がすると思う。
(そして夏休みが会期になってることもあって、子供向けのフリガナついたキャプションも多くあります。)

 

そして全部がウイリアム・ブレイクの作品なわけではありません。
ジョン・フラクスマンとかジョン・マーティンの作品も多いです。

デューラーの版画とかも(少しだけど)あるよ。
でもやっぱり個人的にはブレイクが好き╰(*´︶`*)╯。
私的にはウィリアム・ブレイクと言えばこの本。 

神曲 文庫版 全3巻完結セット (集英社文庫ヘリテージ)

神曲 文庫版 全3巻完結セット (集英社文庫ヘリテージ)

 

とても好きだけど、何で文庫?見づらいじゃん、と思ってたので、大きめの原画を見れたらうれしいなと思ってたんですが、今回はそれじゃなかったです( ̄▽ ̄;)。
今回は水彩ではなくエッチングやドライポイントの版画類がメイン。でもすごくいいのがたくさんあります。

 

今回の作品の中ではヨブ記が好きかな。出版物としてレイアウトまできっちり考えてテキストが書かれているのでとても美しいです(*・ω・)ノ。


もちろん神曲の版画もいいよ。神曲」は詩人ダンテが地獄、煉獄、天国という死者の3つの世界を旅する物語。

地獄を立体的に表した図解とかもあって、じっくり見てるとこんなにバリエーションのある地獄があるのに、天国行く人のほうがむしろいかがなものか( ̄▽ ̄;)と思います。大食して地獄でケルベロスに噛まれるほうが人間味ある気が・・・。そういえばブレイクはキリスト教の神を否定してるよね。


そして最後の章はマンガと映画。ハリウッド映画の方は「十戒」とか天地創造で、ポスター見ると誰でも頷けるやつ。
マンガのほうはデビルマン聖☆おにいさんは私でも知ってる。読んだことある。
あと天使禁猟区ガヴリールドロップアウトがメイン。「天使禁猟区」っていうのは昔の少女マンガなんだね。「ガヴリールドロップアウト」は知らなかったので帰ってからAmazonプライムでアニメを1話見てみました。 

 で、これって大丈夫なの?と思って少し心配になる・・・(´・ω・`)。ガヴリエルってイスラームとかでもかなり重要な役回りの天使じゃないっけ?すごくかわいかったけどね。ほら、昔と違ってアニメは世界中に出回るから・・・。

 

あ、この展示のウィリアム・ブレイクの作品はほとんど郡山市立美術館の所蔵らしいです。

いいもの持ってるじゃん(≧∀≦)!早く言ってくれなきゃ!常設にあるなら福島に行ったついでに見に行ったのに!
と思いましたが、郡山市立美術館は公式を見てみると企画展のラインナップも面白いものが多いので、今度本当に見に行きたいと思います(^∇^)。

ホーム/郡山市立美術館

 

というわけでトータルで大変おすすめです。
高崎市美術館で8月31日まで。
今年の夏は暑いので、正直お財布に余裕があれば新幹線で行くのもよい手かなと思います。そんで時間と体力があれば、ついでに世界遺産富岡製糸場とかに行ってみるのもいいかなと思います。高崎駅から電車で40分くらいらしい。

 

んじゃ、また!

今回は高崎でちょっと写真撮ったので、水曜にも記事を更新する予定です。