cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―@パナソニック汐留ミュージアム&Vol.30 オールドノリタケ ~近代輸出磁器の煌めき~@アクセサリーミュージアム

こんにちは。仙です。

今回はパナソニック汐留ミュージアムで開催中の「日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン―」に行ってきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20170409222831j:plain

このフランス人?アーティストの方々が興味を持った日本の建築が映像、ドローイング、スケッチ、模型で表現されてます。

f:id:impatiens101:20170409223726j:plain

主に個人住宅。フランスじゃ建築家は個人住宅の設計はしないそうです。本当に?

建築テーマで一見マニアックだけどお客さん結構いっぱい入ってました。みんなプロかマニアか家建てたいひとなのかな?みたいな雰囲気は出てた( ̄▽ ̄)。

熱心な人多かったです。

展覧会は昔の家・東京の家・今の家の3部構成になってました。

  • 「昔の家」安藤忠雄の「住吉の長屋とか吉屋信子とか、近代建築の有名どころを押さえてる。
  • 「東京の家」は人物入れた東京の建築の写真
  • 「今の家」はメイン展示。若手および実力派の手がけた住宅20選写真、映像、ドローイング、スケッチ、インタビュー、模型で紹介されてます。施主さんの生活の様子が垣間見える。ひとり暮らしから子供たくさんなおうちまで。

なかなか楽しい展示でした。時間かけて見た。興味深かった。いろんな人にいろんな住まいへのこだわりがあるのね。

というわけでご興味ある方はぜひどうぞ。6月25日までです。

 

これだけだとアレなので。祐天寺のアクセサリーミュージアムでやってる「Vol.30 オールドノリタケ
~近代輸出磁器の煌めき~」です。

f:id:impatiens101:20170213215823j:plain

オールドノリタケがいっぱい。キャプションもくわしい。がんばって憶えれば薀蓄語れそう。

f:id:impatiens101:20170409231849j:plain

裏印の変遷。

f:id:impatiens101:20170409232001j:plain

輸出するからかな?まっきんきん。

f:id:impatiens101:20170409232109j:plain

でも独創的で美しい柄ばかりです。

f:id:impatiens101:20170409232213j:plain

 

f:id:impatiens101:20170409232351j:plain

f:id:impatiens101:20170409232812j:plain

f:id:impatiens101:20170409232849j:plain

目の保養でした。ここは個人の邸宅を改造したところらしいですが、富裕層の屋敷な感じがラグジュアリーです。トイレが広い。

この企画展は4月29日までです。ぐるっとパス使えるよ。

 

んじゃまた。次は水曜日。