読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

パロディ、二重の声[日本の一九七〇年前後左右]@東京ステーションギャラリー

展覧会@東京ステーションギャラリー

こんにちは。仙です。
今回は、東京ステーションギャラリーで開催中の「パロディ、二重の声【日本の一九七〇年前後左右】」を見てきましたヽ(´▽`)/。

f:id:impatiens101:20170226000233j:plain

ここの展示は必ず行く( •̀∀•́ ) ✧。パスポート持ってるから。高倉健のやつは結局行かなかったけど。だってパスポート使えなかったから(´・_・`)・・・。

f:id:impatiens101:20170226000421j:plain

正直に感想書くと、ビックリハウスとかの面白さがわからない自分には荷が重い展示でした(´・ω・`)・・・。

f:id:impatiens101:20170226000556j:plain

でもそこらへんが青春だった世代の方(団塊あたり?)なら思い出補正がかかると思うし、多分楽しめるかな?と思います。


たまにあるのよ。ここ特有のいろんな意味で難易度高い展示(*゚▽゚*)。でもそういうのも親会社の財力ゆえに可能な冒険だと思うので、たとえ自分が楽しめるものではなくても、余裕あるっていいことだなと思って影ながら応援してます( ´ ▽ ` )ノ。すごいよ!がんばってね!

 

パロディって難しいよね。時代と密接な関わりがあるものだから、その時代とか若さの魅力が回顧展をやるような時期にはだいぶ薄れちゃってるんだと思う( ̄▽ ̄;)・・・。

 

でも単にパロディを楽しめない私の感性が狭すぎる可能性ももちろんある。そこで、今回は(赤瀬川源平さんや横尾忠則さんの作品等を除き)基本撮影可だったのでいろいろ写真を撮ってみました。楽しめそうなら是非に足を運んでみてください(*・ω・)ノ。4月16日までやってます。

f:id:impatiens101:20170226001038j:plain

これはゴーギャンパロ。

f:id:impatiens101:20170226001121j:plain

ゴッホパロ。

f:id:impatiens101:20170226001202j:plain

麗子さん。

f:id:impatiens101:20170226001342j:plain

これは、えーっと?

f:id:impatiens101:20170226001926j:plain

ビックリハウスの表紙。

f:id:impatiens101:20170226002023j:plain

映画のパロ。

f:id:impatiens101:20170226003138j:plain

この本は手に取って見れます。

f:id:impatiens101:20170226003233j:plain

マッドアマノさんの裁判記録。読んでてちょっともやもやする。

f:id:impatiens101:20170226003725j:plain

 

ひとつこれだけは自分にも良さがわかったやつ。

f:id:impatiens101:20170226003406j:plain

伊丹十三が撮った短編映画。質屋のおじいちゃんにウォーホルを質草にして何とかお金を引き出そうとする攻防戦。ポップアートの価値をおじいちゃんにもわかりやすく説明してて、とてもおもしろい脚本でなるほど(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾となった。さすがに面白かった。後に映画監督として評価されるだけある。面白かったよさすが。これはおすすめ╰(*´︶`*)╯♡。

 

ここに来るといつも上を見上げる。駅のドームよ・・・。

f:id:impatiens101:20170226003605j:plain

んじゃまた。次は水曜日。