cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

オルセーのナビ派展 美の預言者たちーささやきとざわめき@三菱一号館美術館

こんにちは。仙です(・ω・)ノ。
寒かったり暖かかったり大変ですよね。花粉は大丈夫ですか?私は飲み始めました、アレジオン・・・( ̄▽ ̄;)。


さて、今回は三菱一号館美術館で開催中の「オルセーのナビ派展 美の預言者たちーささやきとざわめき」に行ってきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20170208221735j:plain

三菱一号館美術館

f:id:impatiens101:20170208221807j:plain

ここの夜はこんな感じ。田舎者(自分)にはまぶしい・・・。

f:id:impatiens101:20170208221848j:plain

庭のバラはけっこういつも咲いてるよな。

f:id:impatiens101:20170208221947j:plain

f:id:impatiens101:20170208222349j:plain

さて、この展覧会、ナビ派ってよく聞くけど、ナビってなぁに?と思いませんか?私はナビっつーとカーナビを思い出す・・・。
入り口に置いてある、カラーのみどころガイド(take freeな状態だった)によれば、ナビ派19世紀末のパリで、ゴーガンの美学から影響を受けて結成された、前衛的な若き芸術家たちのグループだそうです。「ナビ」とはヘブライ語「預言者」を意味し、彼らは自らを新たな美の「預言者」と称したのだそうです。ナビ派の代表的な作家はボナール、ヴュイヤール、ドニ、セリュジエ、ランソンなど。

 

・・・個人的にはあんまりピンと来ないかな・・・。ていうか、仮にも預言者ともあろうものが派閥ってどうなの( ̄▽ ̄)?と思っちゃうので・・・。

いや、ゴーガンはもうちょっと深い考えをしてるのかもだけど。


この展示にある作家の中であえて「預言者」って言われておさまりがいい人を選ぶとしたらヴァロットン( ´ ▽ ` )ノ。このひとは神様からちょっと不吉なメッセージを預かり受けてる感じがする。不穏な感じのするシャープで含みのある画面がいい感じです。

 

でもドニとかボナールとか、みんなとても美しい作品だよね(๑>◡<๑)。きれいでかわいくてすてきな絵が多い展示だと思います。子供の絵とか見てて楽しいよな。


そしてジャポニズムの影響とかの強い絵も多数あるし、みんな大好きアール・ヌーヴォーっぽい絵もたくさんあります。
そんで(少なくとも私は)あまり見たことない作品も多いので、この機会に見とくのはいいんじゃないかな?興味があればぜひ╰(*´︶`*)╯♡。5月21日までです。

 

グッズ売場はよかった!食べ物たくさんあった。缶詰とかクッキーとか直輸入の珍しいやつが・・・。お高いけど、絶対おいしいと思うよ(≧∀≦)!

あとミュージアムショップの片隅にこの美術館が開発協力したっぽいカール・ツァイスのレンズを使った単眼鏡があったよ。値段は5万円超。どんな見え方だ(*'ω'*)!

 

ここの庭、春になるとキレイだろうな。

f:id:impatiens101:20170208223908j:plain

それではまた。次は週末です。