読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

【開館50周年記念特別展】山種コレクション名品選Ⅲ 日本画の教科書 京都編ー栖鳳、松園から竹喬、平八郎へー@山種美術館

こんにちは。仙です。
寒いっすね(・∀・)。年末は美術館・博物館もお休みのところが多くなります。でもとりあえずいつものペースで行ってみよう(*・ω・)ノ!

ということで、山種美術館で開催中の「【開館50周年記念特別展】山種コレクション名品選Ⅲ 日本画の教科書 京都編ー栖鳳、松園から竹喬、平八郎へー」へ行ってきましたヾ(๑╹◡╹)ノ"。

f:id:impatiens101:20161210164918j:plain

ちなみに次回展は東京編。

f:id:impatiens101:20161210164923j:plain渋谷方面はホリデーシーズンでも開いてるところが多いよな。ここも正月3日からやってる。開催時期もあってかな?何かおめでたくて華やかでよい展覧会でした(*´∇`*)。

今年は休みあんまり多くないけど、お正月初詣のついで(この辺だったら多分氷川神社かな)に行ってみたらいかがでしょうか?

 

この斑猫もあった。何か写真の向きが治らない。でも目が青いのがいいよな(`・∀・´)

f:id:impatiens101:20161210164849j:plain

この猫は旅先にいたのを徽宗帝の猫に見立てた竹内栖鳳が連れて来ちゃった★みたいなエピソードがキャプションにありました( ̄∇ ̄)。


この展覧会はタイトルにあるように館蔵品展だけど、コレクションってやっぱりコレクターごとに何となく統一感があると思います。
ここの作品は(今回花鳥画とか動物画とかが多いのもあるけど)かわいくてきれいで、どちらかといえば押し出しの効く印象です(・ω・)ノ。客として飾ってあるのを見たときにためらいなくほめられる感じ

何か自分が好きな作品というよりは、
「俺の美術館に飾って恥ずかしくないものを買うよd( ̄  ̄)」
みたいな山種さんの意志を感じたな。この自伝の印象の影響かも。

 

そろばん (PanRolling Library)

そろばん (PanRolling Library)

 

これ名言たくさん載ってて面白いんだよな。

「もうけた金には損がついて回る。貯めた金には信用がつく。」

「成功のタネは必ず苦しい時に芽生え、失敗するのは有頂天になっている時に原因が生じている。」

真理です。

 

客として飾ってあるのを見たときにためらいなくほめられる感じ

上村松園とかも美人画だけど、何か崩れたところのない美人でいいよな( ´ ▽ ` )ノ。写真は陸軍の献納品。これだけ写真可だった。

f:id:impatiens101:20161210153335j:plain

ご本人も、美しいだけでなく、清冽でこちらの居住まいを正すような美女を描く心構えだというのがキャプションに書いてありました。

 

他の作品もみんなきれいで美しくて表装もすてきです。

こういうの好きなひとにはおすすめ。2月5日までです。

 

今回は歩いて疲れたのでカフェに寄ってみた。
チーズケーキセット1300円。おいしかったよ。

f:id:impatiens101:20161210161210j:plain

値段はまあ賛否あると思うけど、場所代があるから(´・ω・`)。お正月は混みそうだ。

んじゃまた。次は水曜くらい。