cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

動き出す!絵画 ペール北山の夢ーモネ、ゴッホ、ピカソらと大正の若き洋画家たちー@東京ステーションギャラリー

こんにちは。仙です。
社員旅行の幹事になっちゃって大変です(´・_・`)。

それはそうと、東京ステーションギャラリーにて開催中の「動き出す!絵画 ペール北山の夢ーモネ、ゴッホピカソらと大正の若き洋画家たちー」に行ってきました( ´ ▽ ` )ノ。

f:id:impatiens101:20161015151102j:plain

f:id:impatiens101:20161015151109j:plain

これ、こんなこと言ったら失礼かもしれないけど、思ってたよりずっとよい展覧会でした。老若男女すべてのひとにおすすめ。お時間あったらぜひ(・ω・)ノ。


以下に理由を述べます。

  • 印象派けっこう数があった(・ω・)ノ。みんな好きでしょ(⌒▽⌒)?私も好きです。ルノワールとかも比較的若いときの作品だったり、モネも若くて造形がしっかりしてた時期の作品。ピサロの風景画とかシスレーの絵とかも透明感あって爽やかで日本人好みだと思う( ´ ▽ ` )ノ。自分も好きだし。
  • そんで作品を近くで見れる。まあ、あの大きさの美術館だし。でもけっこうびっくりするほど近いと思う(≧∇≦)。印象派、他だともっとガード固いような。
  • 日本のメジャーな画家の作品もけっこうある。梅原龍三郎とか、岸田劉生とか、萬鉄五郎とか。自分的には渡辺与平という作家が描いた女性の肖像が美しかったのと山脇信徳というひとの風景画の色づかいが美しかったのが印象的でした( ´ ▽ ` )ノ。
  • アニメも見れる。戦前のやつ。兎と亀のおはなしとかなんで、サイレントでもわかりやすい。ディズニーみたいにぬるぬる自然に動く訳じゃないけど、原画をきちんと描いてるのは伝わってくる。背景も動くし。かわいくておもしろい。さすが日本のアニメ(≧∇≦)。

 

みんなけっこう情報早いのな。けっこう人が入ってましたd( ̄  ̄)。特にお年寄り。確かにお年を召した方にも楽しい展示だと思う。
・・・私は実はパスポートなかったら行ってたかどうか疑問(´・_・`)
なんかな、題名見て、漠然とペール北山っていうアーティストの展覧会だと思ってたので。名前知らんけど、画家かな?みたいな。ほら、モネとかゴッホとかに影響受けた感じの。だったらあんまり興味ないかな~( ̄▽ ̄)と思ってました。


ほんとのペール北山さんはこんなひと。もらった鑑賞ガイドの表紙より。

f:id:impatiens101:20161018205055j:plain

  1. 日本の美術黎明期に美術雑誌を立ち上げ、仲間たちと洋画界をリードしたプロデューサーみたいな立ち位置だった人みたいです。
  2. そんで後にアニメーションと出会い、元祖アニメクリエイターになったらしいです。すごいよな( ̄▽ ̄)。

んで、ここまでの業績で29歳。昔の人は人生のサイクルが早いのう( ̄▽ ̄)・・・。全力で生きてる感じ。教育が違うのかな。

ちなみにこの鑑賞ガイド、見やすくてかわいかったです。挿し絵誰が描いたんだろう・・・。

ということでおすすめです。11月6日まで。

 

東京ステーションギャラリー、次回は高倉健さんの展覧会です。

f:id:impatiens101:20161015150716j:plain

多分これも来る。これ来ないとパスポートがモト取れなくなるので。そんで日時指定制。映画の上映とかあるのかな?正直楽しめるか不安(´・_・`)。邦画あんまり見ないんだよな。シン・ゴジラはおもしろかったけど。どんな内容だろう。ちょっと心配。

 

じゃ、またね。次は週末。