cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

PARIS オートクチュール-世界で一つだけの服@三菱一号館美術館(続)

つづきです。

同じ黒でもいろいろなのがあるよね。光量が足りなくて違いが写真で見るとわからん・・・

f:id:impatiens101:20160405192254j:plainやっぱりクレージュ(まんなかのスーツ)は日本人にフレンドリーだと思う。

f:id:impatiens101:20160405191056j:plain

手前のドレス、スパンコールの使い方がゴージャス。「華麗なるギャツビー」とかの世界だ。時間経過で生地が弱ってるため、ビーズの重みでトルソーにかけると損傷が生じる恐れがあるため平置きにしてるんだって。

f:id:impatiens101:20160405193553j:plain

奥の白いドレスは唯一のウエディングドレス。

f:id:impatiens101:20160405194150j:plain

オートクチュールでドレスを作ってた層が昔のパリにはいたんだな。こんなの着てパーティとか行ってたんかな。ちなみにドレスは注文してから1年かけてメゾンが作っても、1回着たら2度と着なかったそう。もったいない(´・_・`)(再利用したら常識しらずとして噂になるレベルの不名誉らしい)

f:id:impatiens101:20160405190924j:plain

f:id:impatiens101:20160405190904j:plain

サンローラン。背中ぱっくり。

f:id:impatiens101:20160405192210j:plain

奥のほうがこれまたサンローラン。

f:id:impatiens101:20160405194834j:plain

ディオール師匠。

f:id:impatiens101:20160405190756j:plain

たしかシャネル先生。

f:id:impatiens101:20160405181848j:plain

これも。

f:id:impatiens101:20160405181859j:plain

右のほうはアライア。肩パッドのイメージしかなかったので意外な。

f:id:impatiens101:20160405181933j:plain

 ラフ・シモンズによるクリスチャン・ディオールカール・ラガーフェルドによるシャネル。

f:id:impatiens101:20160405191342j:plain

たぶんこの日本趣味は日本向けのサービス展示だと思う・・・

f:id:impatiens101:20160405181505j:plain

というわけで、服飾好きにはおすすめです( ´ ▽ ` )ノ。

学芸員さんが、hontoとかの電子書籍で図録が買えるって言ってたけど、三次元のものを二次元に引き直すとやっぱりおんなじようには見えないし、展示を直接見ることをおすすめします。5月22日まで。

 

夜の美術館の庭。

f:id:impatiens101:20160405195610j:plain

f:id:impatiens101:20160405195500j:plain

美術館前の・・・何通りだっけ・・・

f:id:impatiens101:20160405195934j:plain

帰りの東京駅。

f:id:impatiens101:20160405200459j:plain

東京駅周辺ってなかなかエキゾチックな香りがするな。

じゃ、またね。