cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

企画展 神仏・異類・人ー奈良絵本・絵巻に見る怪異ー@國學院大學博物館

こんにちは。仙です。御無沙汰です。

今回は、以前見そびれていた、國學院大學博物館にて開催中の「企画展 神仏・異類・人ー奈良絵本・絵巻に見る怪異ー」に行ってきました。

f:id:impatiens101:20160130133942j:plain

今日は開館してました。よかった。

f:id:impatiens101:20160130133913j:plain

この展示、よかったですよ(⌒▽⌒)オカルトとか妖怪もの好きだし( ̄▽ ̄)。

サブタイトルどおり、奈良絵本とか百鬼夜行絵巻とかがメインです。

「山姥」の謡本とか、竹取物語の絵巻とかもありました。

本地物神仏の前世←たいがい人間を描いた絵巻物)とかも興味深かったし、狩野昌運の描いた「異代同戯図」とかもよかった。後者は、メジャーな仏教宗派のお坊さんたちが遊び呆けている様狩野派らしく端正に書き上げた逸品です。保存状態もよく、字も読めるので、どこの宗派のお坊さんかよくわかります。昔から坊主丸儲け的な視点はあったのね、と思います。

大黒様と恵比寿様、布袋様で相撲をしている絵巻とかもかわいくてよかったです。

 

ここの博物館、企画展は一区画だけなんですが、もう少しだけ本気出せばもっと人でにぎわう気がする(´・_・`)。いつも興味深いものをやってるので。

常設展も充実してるよ。吉田神道の祭壇とかが再現されてて、他ではなかなか見られない珍しいものです(⌒▽⌒)。今回見た中では、天神様の関連と、有栖川宮様が各国から送られた勲章が小さく特集展示されてました。勲章とか、本当に各国が力入れて作ってるので、小品ですが見てて楽しいです(⌒▽⌒)。

というわけで、楽しめると思います。渋谷を訪れた際にはぜひ。2月7日までです。

 

今回、ワークショップで子供たちを集めて作った妖怪絵巻が撮影可だったので撮ってみました( ̄▽ ̄)。平成の妖怪・・・なかなか自由な発想で制作されてます。

 

んー、かっぱとのっぺらぼう、古本妖怪はいいとして、ベッドの妖怪とスポーツカーの妖怪・・・スポーツカー・・・事故ったのかな。

f:id:impatiens101:20160130132639j:plain

ででんしゃ、ででんででんと走りそう。乗り心地が微妙。ボールペンはなくすと鬼になるそうです(≧∇≦)。

f:id:impatiens101:20160130132616j:plain

あかふじ火山はまじこわい。かんべんしてください(´・_・`)。

f:id:impatiens101:20160130132558j:plain

うわばき怒ってるのかぁ。かかと踏まれてるのかな。

f:id:impatiens101:20160130132545j:plain

ふるピアノンはほんとにいそう。ピアノって、買ったはいいけど挫折するひとも多いし。

f:id:impatiens101:20160130132531j:plain

ランドセルおじさん・・・名前が怖い・・・・

f:id:impatiens101:20160130132518j:plain

 

楽しかったよ★

じゃ、またね。