読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝@国立西洋美術館

こんにちは。仙です。

寒くなってきましたな。夜間開館にはコートが必要です(⌒▽⌒)。

今回は、国立西洋美術館で開催中の「黄金伝説展 古代地中海世界の秘宝」です。

f:id:impatiens101:20151123104920j:plain

f:id:impatiens101:20151123104936j:plain

これはともかく黄金の輝きがすばらしいです(⌒▽⌒)。

個人的にはブルガリよりこっちのジュエリーのほうが好きだ。ま、カテゴリが違うので比較すべきものではないかもしれないですが( ̄▽ ̄)。特にエトルリアの粒金細工

日本とはテイストの違う超絶技巧のジュエリーが拝めます。大好きだ。

他にも、「ヴァルチトランの遺宝」、「パナギュリシュテ遺宝」すばらしいの一言です(⌒▽⌒)。これらの黄金をみてると人がなぜ黄金に心をかき乱されるのか、わかる気がします。

最後には主催のひとつ、住友金属鉱山様より、日本採掘のでっかい金鉱石も飾ってあります。金の粒が肉眼で見えるよ。グレード高いわ(≧∇≦)。

ということで、実はとても面白い展覧会だと思います。オススメです(⌒▽⌒)。1月11日まで。今ならチケット屋でだいぶ安く出てる券もあると思うよ。

 

そして、こちらの常設展。フェルメール作と言われる「聖プラクセディス」も見たよ。

うーん、見たことあるフェルメールとはちょっとテイストが違う気もするけど、若いときの作として見ればわかる気もします。美しくてよい絵です(≧∇≦)

 

以下は撮影可の作品で心にとまったものを。

アンリ・ファンタン=ラトゥールの静物画

f:id:impatiens101:20151123105348j:plain

ヤコボ・デル=セッライオの三位一体

f:id:impatiens101:20151123105910j:plain

アウグスティヌス

f:id:impatiens101:20151123110037j:plain

ドラクロワのキリスト。

f:id:impatiens101:20151123110134j:plain

モローのサロメ

f:id:impatiens101:20151123110225j:plain

モネもここなら一人占めで見られます。睡蓮。芍薬もきれいだな。

f:id:impatiens101:20151123110315j:plain

f:id:impatiens101:20151123110326j:plain

いらっしゃるときは是非常設も見てね。いっぱいあって疲れるけど( ̄▽ ̄)。

 

夜の地獄の門はいいよね。

f:id:impatiens101:20151123111316j:plain

じゃ、またね。