読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

黒田記念館@東京国立博物館

2015年1月2日にリニューアル・オープンした黒田記念館にはもう行かれましたでしょうか?
私はこの間の週末に行ってきました。寝過ごしまして、そして午後から予定がありまして、でもどこかで何か展示を見たかったので。「新・印象派を流し見しちゃうのももったいないので、思いついてここに。

  • ※上野のギャラリー(買う気がなくても入っていいところ)は、私は他に手持ちの情報がないのです。

f:id:impatiens101:20150223221555j:plain

f:id:impatiens101:20150223221609j:plain

なんか、すごい格式のあるよいところでした。
写真OKだし(例外あり)、タダで入れるし、とてもよいところです。

 

黒田清輝子爵。子爵って、すごいよね。

f:id:impatiens101:20150223221634j:plain

黒田子爵家のご養子だそうです。昔の人って、けっこう養子に行ったり戻ったりしてるよね。

f:id:impatiens101:20150223221715j:plain

何だろう・・・誰かと間違えてました。(もっとシュッとした人と)威厳のあるお顔です。

 

ご両親への書簡。昔の人って達筆だよね。

f:id:impatiens101:20150223221743j:plain

やっぱり筆は使ってた方が字がうまくなると思う。私の中で定説です。

黒田清輝先生って、ビッグ・ネームすぎて粗雑な複製とかが出回ってることでかなり損してると思います。うちの会社とかにもハガキっぽい小さくて色あせた「湖畔」が飾ってあって、ショボいったらないのです。あれをはじめに見たら誰も興味もちません。

スケッチ。

f:id:impatiens101:20150223222150j:plain


皆さんここに来て、本物を見ていただきたいです。
女性も皆ゴージャスです。

f:id:impatiens101:20150223222001j:plain

f:id:impatiens101:20150223222039j:plain

先生のアトリエ、豊かな雰囲気が残ってます。

f:id:impatiens101:20150223222054j:plain

おすすめです。是非行ってみてください。
特別室は3月末~4月初に開室するみたいなので、お花見がてら。

じゃ、またね。