読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

秋の日比谷公園&「林忠彦写真展―日本の作家109人の顔」@日比谷図書館

こんにちは。仙です。

今日は出先から直帰、ということで日比谷公園にやってきました(*^-^)ニコ。

秋の景色を撮ろう、と思ったのですが、何か・・・思ってたのと違う(ノ_・。)。

f:id:impatiens101:20141109195046j:plain

f:id:impatiens101:20141109195055j:plain

f:id:impatiens101:20141109195103j:plain

しかもうち2枚に指が写ってる(T△T)

 

次に日比谷図書館に行きます。

日比谷図書館にはミュージアムがあるんだよね。

f:id:impatiens101:20141109195437j:plain

f:id:impatiens101:20141109195446j:plain

時間があったので見てきました。

林忠彦さんの写真展。

内容は、昭和の輝いてた時代の作家の皆さんの写真を109集めたものです。(そのままやん!)

入場料は300円。でも、しっかりしたパンフがもらえるので高くないと思います。

こんなの。

f:id:impatiens101:20141109195735j:plain

作品はオーソドックスな感じ。会場も広くてみやすいよ(^^)

やっぱり戦争を乗り越え、高度成長を生き抜いてきた作家さんなので、面構え、絵になります。特に円地文子さんとかね、ものすごく賢そう。今はいない女性のタイプです。あとは岸田國士さんとか。岸田今日子さんのお父様だよね。ひげ面が明治の元勲みたい。

三島由紀夫さんだけは、何だろう、線の細い子供みたいな不安そうな表情がにじんでて、このひとの悲哀を感じました。でも、多分普通の人よりはぜんぜんリア充だよね。

 

結論:なかなか楽しいですよ。さすが千代田区。法人税とかで潤ってるのが色濃く見てとれます( ̄▽ ̄;)。

お近くにお寄りの際、お時間ありましたら、興味なくてもぜひ。

興味あったらわざわざ見に行っても損はしません。

 

それでは、またね。