cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

ナイロン100℃「社長吸血記」@下北沢 本多劇場

こんにちは。仙です。
下北沢 本多劇場で19日まで公演中のナイロン100℃「社長吸血記」を見てきました。何か評判よさげで興味がわいたので。という主体性のない動機です。

f:id:impatiens101:20141019102539j:plain


芝居見るの久しぶり&下北沢来るのも久しぶりだったのですが、駅がまったく変わってて驚愕しました。(*゚Д゚*)
なんか、なんか綺麗になってる!!!いつのまに!!ちょっと寂しい。

でも、本多劇場は昔のままでした。ホッ。

f:id:impatiens101:20141019102448j:plain


チケットなかったので、前の日に当日引換券というものを買っておきました。いつのまにそんなシステムが・・・!!驚いてばっかり。でも、平日だったせいか、ほとんど埋まってはいたけど、前列の端っことか、ほんとに見切れそうなところでよければ、当日券でも大丈夫そうだったかな。
わたしは後側の中央くらいの席だったので、まあまあ見やすかったです。

お芝居はおもしろかったです。(以下ネタバレかもしれない)
舞台装置もプロジェクションマッピングとかもすごいよね。
内容的にはナンセンスとSFのハイブリッドみたいな感じでなかなか理解しづらい(汗)感じなので、ちょっともやもやしたものが残るかも。
誰かの夢??って感じの不条理さ。死ぬ間際の人間(社長)が見てる走馬燈かな。探偵は社長の良心。デタラメな脇の甘い経営をしてる古い詐欺会社の断末魔。
KERAさんの作品は、ナンセンスの中に出てくる生の感情を剥き出しにした場面が好きです。
自殺した社員の奥さんが一緒に会社に乗り込んできてくれた親友に罵詈雑言を浴びせた。
・目崎さんが黛さんに抱きしめてもらいながら告白「俺さ、社長とデキてるんだよ」
・黛兄が妹への執着を指摘されて狼狽してた
こんな感じです。
観てない方には訳わからない話になってしまいました。東京公演は終わりましたが、機会があれば観劇してみるとおもしろいかも。

それはそうと、今回は客電落ちてもスマホみてる人がいた・・・。一人は3列くらい前の席の人で、画面みたらtwitterしてた。もう一人は隣の隣の席のひとで、画面は見えなかったけど、後半、クライマックス近いところでスマホ見始めたのでびっくりΣ(Д゚;/)/…エエ!?!!本日3度目のびっくり!!二人とも若い男性。手のひらで覆い隠してもわかるよ!!スマホブルーライトなめんな!!明るいよ!!
学生割引きいたとしてもそれほど安くないチケット代払ってきてる芝居好きなはずなのに、もったいない。なんでだろう?わからんわ~。深い疑問とともに終わります。

次は多分ウフィツィに行きます。またね!!