cycle time

基本は美術鑑賞ブログです。たまに他の種類の記事もあります。「とりあえず正直に」がモットーです。

東山御物の美ー足利将軍家の至宝ー@三井記念美術館

こんにちは。季節の変わり目は天気が安定しませんね。風邪ひきました。仙です。


さて、今回は三井記念美術館で開催中の東山御物の美ー足利将軍家の至宝ー」に行ってきました。
うっかり「ひがしやまぎょぶつ」と読んでいましたが、実はひがしやまごもつ」と読むのだそうです。ご推察の通りあんまり予備知識なかったのですが、かなり評判がよさげなので行ってみました。


結果、超楽しめました。よかったです。特に中国美術系が好きな方におすすめ。当たり前か。私はちょっと自分のストライクゾーンからはずれてるんですが、それでもよかったもんね。国宝、重要文化財重要美術品がたくさんあってゴージャスです。ただ、1週ごとにめまぐるしく展示替えがあるみたいなので、具体的に何かお目当てのモノがある場合にはしっかり調べてからにしたほうがいいですね。
うん、でも、さすが三井。足利将軍家から伝わる由緒正しい美術品をたくさん見せてくれてます。ありがとう!!

[私が知識ないなりによいなと思ったもの]
・天目茶碗
価値がハンパないと思しきものがたくさん。
自分の好みでは、
1.建盞
2.鸞天目
3.油滴天目
3は国宝!!やっぱりオーラあるわ(・_・;)。
表にも裏にも無数の油滴が浮かんでいて、独特の輝きがあります。
2は内側にの図案が描かれており、外側に天目様の模様が浮かんでます。これが大変美しいので、できれば単眼鏡でまじまじと見たかったです。
1も、油滴というわけではないのですが斑紋があり、これも若さというかエネルギーを感じさせ、これも大変美しかったよ・・・所蔵が原美術館か・・・岡山行ったときじっくり見てくればよかったな。本体が倒産したときに担保関係で揉めてたよね。大丈夫なんだろうか。

・紅白芙蓉図
実は一週目しか展示しなかったという・・・危なかった・・・ぼーっとしてたら見逃してたよ・・・
月並みな感想ですが、白い芙蓉が大変美しいです。紙の裏側に青を薄く塗ってるらしいです(音声ガイド情報)発光してるような印象的な白です。
もちろん国宝

・犀皮いろいろ
ですね。堆朱、堆黒より図案がデザイン的で好みです。堆朱だとさ、塔とか風景とかの細かい図案なことが多いよね。それよりシンプルですきだ。

足利義満
飛鳥井雅縁伝の肖像画です。
目がいいよね。鬱屈とか野心とか高慢さとかそれでいて美しいモノを愛する気持ちとか、いろんなものが現れてると思います。

水月観音図
高麗時代の観音図。色彩が大変美しいです。一番最後の部屋の突き当たりのウインドウに展示されてるのですが、その並びは羅漢図とかあって圧巻でした。
もちろん重文

というわけで、大変貴重な絵や茶碗が一気に見れる希有な展覧会だと思います。普通の人は1回、好きな人は何回か行かれるといいんじゃないでしょうか。展示替えに気をつけてね。

三井記念美術館はどこで写真撮るか迷うわー。
エレベータは前回撮ったしな。どっかにフォトジェニックな場所はないものか。日本橋は高速道路が上にあって暗めなのであんま好みじゃないんだよね。三越もいいけど人多すぎて写真にどうしてもはいっちゃうんだよね。


とりあえずチケットを撮ってみた。ぐるパで入った。ガンバってモトとろうっと!!

f:id:impatiens101:20141015214744j:plain


またね!!