cycle time

美術鑑賞ブログです。たまに旅行記とかお散歩の記録とかも書きます。思ったままを正直に。

戦後日本住宅伝説ー挑発する家・内省する家@埼玉県立近代美術館(後半)

続きです。

ちょっと・・・トイレっぽい・・・(ごめん、本当はバルコニー)

f:id:impatiens101:20140824221902j:plain


高円寺でバーを開店するならこういう内装にしたいです。

f:id:impatiens101:20140824221938j:plain

色彩は一番きれい・・・だけどいろいろめんどくさそう・・・

f:id:impatiens101:20140824222429j:plain


これはこれで維持が大変そう。

f:id:impatiens101:20140824222511j:plain


落ち着いてていいね。

f:id:impatiens101:20140824222818j:plain


これもまあいいかも。高い窓とかは年に何度かおそうじサービスをいれよう。

f:id:impatiens101:20140824222755j:plain


なんてね。
他にもいろいろあったよ。
みんな熱心に観てました。
スクリーンに実物の写真をプリントしてあって、それが撮影可なものが多かったので、いろいろと撮ってみました。
丹下健三さんのやつとかは写真NGでした。
総合的にはよい展示でした(^^)

常設展も見ました。けっこういいかも。ドラクロワがある。
印象派が何枚かありました。
やさしい感じの絵が多い。ピサロユトリロが好きかな。

f:id:impatiens101:20140824223413j:plain

こんな鑑賞カードがあります。持帰り可。絵はがき大。鷹揚な気風を感じます。


小村雪岱が埼玉県の川越の出身ということで、特集がありました。好んで描いたというがかわいいです。着物の柄のデザインもしていたみたいでかわいい。

8月いっぱいで改装のため一度休館だとのことなので、お時間があれば一度足をお運びになられたらいかがでしょう?
夏休みの宿題に行き詰まってたら、ヒントになるかもしれないです(笑)。